全国的に活躍する有名人の方々に、ふるさと愛を熱く語ってもらうIRORIOの新連載「タレント観光協会」。

第1回はモデル・女優として輝く馬場ふみかさん。新潟市出身の22歳です。

新潟に住んだ経験がある筆者に、馬場さんが大好きな地元について日本酒を片手にたっぷり語ってもらいます!

▶前編はこちら!
女優・馬場ふみかが日本酒片手に地元・新潟愛を語る【前編】

貴重な夕日をいっぱい撮った

-先日、新潟市で10〜20代向けのトークショーに参加されました。どんな思いを伝えましたか。

馬場:SNSでの発信についてのイベントだったので、新潟のこういう所を発信したら、もっとみんなに新潟を分かってもらえるんじゃないかなって、同世代の方に向けて伝えました。

-例えば、ここで写真を撮るときれいというおすすめの場所は?

馬場:私は、関屋浜の夕日はけっこう写真撮りましたね〜。

上京してからも、帰省した時に友達と写真を撮りに行ったりしました。

ほら、新潟ってよく曇るじゃないですか(笑)

雲がある中での夕日の光というのも、それはそれで幻想的で。

天気が悪くて見られない日もけっこうあるから、見える貴重な景色を大事にしたくて。

-デートスポットですよね。

馬場:そうそう!近くの学校の高校生カップルをよく見かけました(笑)

-馬場さんのおすすめのデートスポットはありますか?

馬場:え、ぜっんぜん分かんない!どうしよ(笑)

なんだろう、ゆっくり過ごすのがいいんじゃないかな?

東京から行くなら、景色も楽しみながら地元の美味しいものを食べてお酒も楽しんで、みたいないのがいいんじゃないでしょうか。

-新潟で好きな食べ物は?

馬場:私、お寿司とお魚がすごく好きで!

小さいころからお寿司大好きで、それで高校時代に新潟のお寿司屋さんでアルバイトしたんです。

自分がアルバイトしていたお店が好きなので、お寿司を食べたい時は絶対にそこに行きますね。

お魚とお米がおいしいから、日本酒も合いますし!

-やはり東京とは違いますか。

馬場:ぜんぜん違いますね。

東京にいると、なかなかお刺身を食べる気になれないです。

どうせなら、新潟に帰った時にお刺身を食べればよいなと。わざわざ東京で食べなくていいなと思っちゃいます。

こっち(東京)でいいものを食べようとすると、けっこうなお金を出さなきゃいけないし。新潟のほうが安くておいしいものを食べられるかなと思います。

あ、それこそ寺泊(※6)とかデートで行くと楽しいと思いますよ!

海沿いの道にこう、ワーってお土産さんがあって。

温泉もいっぱいありますし、寺泊はいいんじゃないでしょうか!

【※7 新潟県長岡市寺泊(てらどまり)】港町で、海辺の道路に沿って海産物店が並ぶ「市場通り」の風景が有名。夏には海水浴場に各地から人が集まる。

お酒強いねって言われます

-自分でドラマや写真集を作るとしたら、撮影したい場所はありますか?

馬場:自分が学生時代に通っていた道、ふだん本当に慣れ親しんだ場所で、それこそ古町とか万代とか。

そこでお仕事をできたらいいなと思います。

(新潟名物・栃尾の油揚げが登場)

あ!私も家で、油揚げの中に納豆を入れて食べてました!

-納豆との組み合わせ多いですよね。お酒のおつまみにちょうど良くて。

馬場:お酒も飲みますねぇ。

新潟出身だからお酒強いね、とはよく言われます(笑)

日本酒は新潟の銘柄しか分からないんです。

東京のお店で新潟のお酒を見つけたら、まずそっちを頼んじゃいます。

(日本酒登場)

-あ、飲みます?

飲みます(笑)

えーと、じゃあ、久保田で。

(手酌で飲み始める)

おいしい。悪いことしてる気持ち。

-景虎(かげとら)もありますよ。

え、開けていいですか。開けますよ!

(手際よく一升瓶を開栓)

―利き酒もできるんですか。

うーん、それぞれ違ったおいしさがありますよね。

あ、でもね、基本的にコメントはできません。ぜんぶ「おいしい」になる(笑)

(手前におちょこ3杯を並べて)

―顔色、ぜんぜん変わらないですね。

いや、そんなに飲んでないですよ(笑)

新潟県の地酒

四季を県内で楽しめる

―新潟に育って良かったと感じることはありますか。

馬場:新潟、育って良かったですね。

なんだろう、海も山もすごく近くて、そういう自然の多い環境で過ごしてよかったなと思います。

―それでは、新潟自慢をお願いします。

馬場:四季をすごく楽しめる!

春は桜も咲くし、夏は花火もあるし海にも入れるし、秋は山がいっぱいあるので紅葉と秋の味覚が楽しめますし、冬はスキーだったりスノボだったり。

四季をしっかりひとつの県の中で楽しめるのは、すごく新潟の良い所だと思います。

なかなかそういう所はないんじゃないですか。

スノボのためにどこに行こう、海はここ行こうとかが普通でしょうし。

新潟は、本当にしっかり四季を新潟の中だけで楽しめますよね。

―ありがとうございました。

▶前編はこちら!
女優・馬場ふみかが日本酒片手に地元・新潟愛を語る【前編】

【馬場ふみか】1995年6月生まれ。新潟市出身。ノンノ専属モデル。7月スタートフジテレビ月9「コードブルー ドクターヘリ緊急救命」にレギュラー出演中。映画「おまえはまだグンマを知らない」が7月22日より全国公開。Twitter「@fuuumika_b」Instagram「fumika_baba」

【新潟県】人口約289万人(第15位)。面積約1万2584平方キロメートル(第5位)。米の産出額、1人あたりの清酒消費量、チューリップの産出額などで全国1位。海水浴場数は全国3位(63カ所)。

【撮影協力】
居酒屋「しょうみん」
所在地:東京都港区西麻布4-22-8 麻布ポイントビル1F
営業時間:月〜土、祝日の前日: 18:00〜翌1:00 祝日: 18:00〜23:00
定休日:日曜日

【撮影】撮影:金 壮龍/ヘアメイク:八戸亜季子/スタイリング:小笠原吉恵

【衣装】ドレス、トップスともにYOHEI OHNO/ピアス、バングルともにsomnium/リング(五本セット)、パンプスともにAMBIENT

【タレント観光協会】過去のインタビュー

第2回:はなわ(佐賀県)-「14年前は佐賀に迷惑かけた」自虐少なめで語る地元愛

第3回:スザンヌ(熊本県)-熊本地震で「ガッツがある県民性と分かった」

第4回:シソンヌじろう(青森県)-「津軽弁、絶対に話すもんかと」地元愛とコンプレックス

第5回:ウーマンラッシュアワー村本大輔-「押し付けられても郷土愛は生まれない」村本流街おこし論