パリ・サンジェルマンのマルコ・ヴェッラッティ【写真:Getty Images】

写真拡大

 マンチェスター・ユナイテッドは、パリ・サンジェルマン(PSG)のイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティの獲得に関心を示しているものの、PSG側から提示された交換条件に難色を示しているようだ。23日付の英紙『ミラー』などが伝えられている。

 PSGからの移籍を望んでいるとみられるヴェッラッティは、バルセロナへ移籍する可能性がこの夏を通して盛んに報じられてきた。当初は早期の移籍決定を望んでいた様子だったが、結局決定には至らず、ヴェッラッティはPSGに合流して新シーズンに向けた準備をスタートさせている。

 だが、ここに来て新たな移籍先候補としてユナイテッドも浮上してきた。ユナイテッドは中盤の新戦力としてチェルシーのネマニャ・マティッチに狙いを定めていたが、交渉が進まないことでターゲットをヴェッラッティに切り替えているという。

 ヴェッラッティが先日、敏腕代理人として知られるミーノ・ライオラ氏との契約を発表したこともユナイテッド移籍の噂を加速させている。ズラタン・イブラヒモビッチやポール・ポグバ、ロメル・ルカクなどの代理人も務めるライオラ氏は、ユナイテッドと非常に近い関係にある。

 だがPSGはユナイテッドに対し、ヴェッラッティの放出に応じる条件として、フランス代表FWアントニー・マルシアルの譲渡を求めたようだ。ユナイテッドはこの条件に難色を示し、交渉は停滞している模様だとも報じられている。

text by 編集部