MSNの絆は断ち切れない!? 移籍騒動のネイマール説得へ、メッシとスアレスが一肌脱ぐ

写真拡大

ニュージャージーのホテルで話し合い、ネイマールは「残ると伝えた」とスペイン紙

 MSNの絆はそう簡単に断ち切ることはできないはず――。

 パリ・サンジェルマン(PSG)への移籍騒動が過熱しているバルセロナのFWネイマールを説得するために、MSNトリオを形成するFWリオネル・メッシとFWルイス・スアレスが動き出したようだ。

「メッシとスアレスがネイマール残留を説得するための会話」と独占情報として報じているのは、バルセロナびいきで知られる地元紙「スポルト」。二人のワールドクラスが同僚の慰留に向けて一肌脱いでいるという。

 バルセロナが滞在しているニュージャージーのホテルで、メッシとスアレスの二人はネイマールを説得するために数時間にわたって話し合いを行ったとされる。ネイマールとはプライベートでも仲の良い2人の働きは、ネイマールの心境に変化を与えたのだろうか。

 記事には、「彼は『残る』とメッシとスアレスに伝えた」と記され、ポジティブな成果が得られたとしている。すでにネイマールはPSG移籍に関して条件面で合意したとも伝えられているが、この注目の移籍騒動はどのような結末となるのだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images