笑顔でファンとお別れする早霧せいな=東京宝塚劇場

写真拡大

 宝塚歌劇団雪組のトップスター・早霧(さぎり)せいなが23日、東京宝塚劇場で宝塚最後の舞台を務め、終演後会見した。

 早霧は黒紋付きで登場し「無事に宝塚を卒業することができました。宝塚は私のすべてでした」と音楽学校時代からの19年を振り返った。一緒に退団する3年間コンビを組んだ娘役トップの咲妃(さきひ)みゆに「彼女がいたからここまで歩んでこれた」と感謝し、会見の終盤では「きょう一日、ささいなことでうるうる来た。なんとも言えないさみしさがある」と大泣きした。

 恒例のサヨナラパレードにはファン8000人が集まり、早霧を見送ったが、今後については「軍の機密です」と明言しなかった。