「PS Now」PS4タイトルの配信がスタート、実際のプレイ感は?

写真拡大 (全3枚)

7月20日より、ストリーミングゲームサービス「PlayStation Now」にPS4のタイトルが登場しています。

◆200本以上ものゲームが遊び放題のPS Nowとは?
PS Nowは、対象となっている200本以上ものゲームソフトが遊び放題となる定額制サービスで、PS4のほかに推奨スペックを満たしたWindows PCでも楽しむことができます。

■PS Now 利用するために必要なもの
PS4でプレイする場合

・PS4
・DUALSHOCK4 ワイヤレスコントローラー ・5Mbps 以上のインターネット接続 ・PlayStationTMNetwork アカウント
・PS Now 定額制サービスへの加入

Windows PC でプレイする場合

・推奨スペック(*1)の Windows PC
・DUALSHOCK4 ワイヤレスコントローラー(USB ケーブル接続 or DS4 USB ワイヤレスアダプター接続) ・5Mbps 以上のインターネット接続
・PlayStationTMNetwork アカウント
・「PlayStationTMNow for PC アプリ」のインストール
・PS Now 定額制サービスへの加入

*1 PCの推奨スペック
・Windows 7 SP1,8.1 または 10
・300 MB 以上の空き容量
・2 GB 以上の RAM
・プロセッサー: 3.5 GHz Intel Core i3 または 3.8 GHz AMD A10 以上 ・サウンドカード,USB ポート
◆ついにPS Nowにて、PS4タイトルの配信がスタート
そんなPS Nowは、これまでPS3のタイトルが中心となっていましたが、7月20よりPS4のタイトルも配信スタートとなりました。今回追加されたタイトルは『GUILTY GEAR Xrd -SIGN-』『ULTRA STREET FIGHTER IV』といった本格格闘ゲームから、無重力を操る独特の操作感が気持ち良い『GRAVITY DAZE/重力的眩暈:上層への帰還において、彼女の内宇宙に生じた摂動』、ミステリー色の強い物語が展開する『HEAVY RAINTM -心の軋むとき-』『√Letter ルートレター』など、名作ばかり。

また上述した大型タイトル以外にも、人気コンテンツ「東方 Project」を題材にしたシューティングゲーム『幻想の輪舞』や、製作者の強迫性障害とうつ病による体験を表現したホラーゲーム『ネバーエンディングナイトメア』のような、隠れた人気ソフトがラインナップされているのも嬉しいところです。

実際に筆者もサービスを試してみたのですが、グラフィックの綺麗なPS4タイトルをストリーミング経由で、違和感無くプレイできることに驚きました。コマンドの遅延などもほぼ感じませんでしたが、通信速度によっては画質の乱れなどが起きるので、注意したい所。また、家庭用ゲームは、1本のタイトルをそれなりに長い時間遊び続けるのが一般的だと思うのですが、PS NowではPS3タイトルを含めて200本以上ものゲームを、満足のいくまで次々と遊び比べることができます。もちろん、ゲームはすべてパッケージ版と同等の内容なので、気に入ったタイトルはじっくりとやり込むことも可能です。

なお、すでに定額制サービスに加入しているユーザーは、追加料金無しでPS4ソフトが遊べるようになっています。

■2017年7月20日(木) PS4配信タイトル一覧

『GUILTY GEAR Xrd -SIGN-』アークシステムワークス株式会社
『クロワルール・シグマ』株式会社アクティブゲーミングメディア
『巫剣神威控』株式会社アクティブゲーミングメディア
『ネバーエンディング ナイトメア』株式会社アクティブゲーミングメディア
『Prismatic Solid』株式会社アクティブゲーミングメディア
『In Space We Brawl』株式会社アクティブゲーミングメディア
『アキバズビート』株式会社アクワイア
『絶対迎撃ウォーズ』株式会社アクワイア
『恋姫†演武』株式会社ヴューズ
『メタルスラッグ 3』株式会社SNK
『幕末浪漫第二幕 月華の剣士 ~月に咲く華、散りゆく 花~』株式会社SNK
『√Letter ルートレター』株式会社角川ゲームス