夏になると、仲の良いグループのメンバーで集まって、BBQを行う人も多いと思います。おなじみのメンバーで恒例行事のように行っているという人もいれば、仲良くなったばかりのグループのBBQに初参加するという人もいるでしょう。また、合コンのような感じのBBQを行う予定だという人もいるはずです。
どんな集まりにせよ、もしかしたらそこに運命の人がいるかもしれませんし、運命の人と巡り合わせてくれるキッカケを作ってくれる人がいるかもしれません。そう考えると、いずれの場合も好感度を下げている場合ではないですよね!
ということで今回は、BBQで好感度が急降下する女子の行動を3つご紹介します。

1)まるで司令塔か女王様!?

「アレをやって、コレをやってとまるで司令塔のように言われるのは、あまり良い気分ではないよね。少しは男を立ててほしい」(営業/30歳/男性)

▽ たとえいくら手際の良さに自信があったとしても、それを出しすぎるのはNG。時間は有限なので、もちろん効率を考えることも大切なことなのですが、みんなで楽しむことだってそれと同じくらい大切なことだということも忘れてはいけません。司令塔のようにテキパキと指示を出すのも、女王様かのように上から目線で物を言うのも、どちらも非モテに繋がりうる要注意行動です。

2)食べるのが専門!

「それまで遊んでいたくせに、肉が焼けたらちゃっかり網のそばにいるって何なの? オレたち、肉焼き係じゃないんだけど?」(不動産/27歳/男性)

▽ 彼らだって、遊びたい気持ちをぐっと抑えてお肉を焼いてくれているのだということを忘れてはいけません。逆の立場だったら「私、飯炊き女じゃない! 自分で焼けばいいのに、ムカツク!」なんて思ってしまいませんか?
アウトドアに関しては頼ってもらいたいと思っている男性が多いので、そのサポートにまわるように振る舞いましょう。「遊んできていいよ!」と言われても、その言葉を間に受けて「食べることしかしない」というのは、ルール違反です。

3)服装がオシャレすぎる!

「自由が丘とかにあるオシャレなカフェに行きそうな格好で来て、『何すればいい?』とか言われても、何をお願いしてもいいのかがわからない。服が汚れたとかって騒がれても面倒臭いから、そういう人には参加してほしくない」(エンジニア/32歳/男性)

▽ 手厳しい意見ですが、おそらくこれが多くの男性の本音だと思います。BBQには、汚れてもいいようなラフなファッションで参加するのが鉄則。筆者が参加したBBQにも、オールホワイトコーデで参加している女子がいましたが、やっぱりあまり良い顔はされていませんでしたね。

いかがでしたか? 上記のことを繰り返しやっていると、男性からだけでなく女性からも嫌われてしまいます。人のふり見て我がふり直せといいますから、ぜひこのコラムの内容を参考にして、非モテを生む要注意な行動は控えるよう気をつけてみてください。