<WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ>8R、ロベルト・バレラを攻める田口

写真拡大

 ボクシングのWBA世界ライトフライ級タイトルマッチ12回戦は23日、東京・大田区総合体育館で行われ、王者・田口良一(30=ワタナベ)は挑戦者の同級1位ロベルト・バレラ(24=コロンビア)に9回24秒TKO勝ちして6度目の防衛に成功した。田口は3試合ぶりのKO勝ちで、WBO同級王者・田中恒成(22=畑中)との統一戦へ前進した。

 開始ゴング直後から激しく火花が散った。1回、バレラは大きく左右を振りながら詰めてきた。しかし、真っ向から迎え撃った田口は、左へスイッチした挑戦者に強烈な左ボディーを2発。さらにロープへ詰めて上下に打ち込むなど、好スタートを切った。2回にはバレラがボディーを狙ってきたが、田口も左ボディーをヒット。3回にはバレラのパンチを受けて鼻血を出したが、王者も左ボディー―右フックと打ち込み、プレスを強めて再びロープ際へ追い込んだ。4回にはアッパーを被弾しながらも、さらに前進。終盤には左ボディーが効いた形となり、バレラはロープを背にする場面が増えた。

 5回、右を打ち込む田口に対し、バレラはやや距離を取って被弾を避け、アッパーを狙う作戦に切り替えた。6回には完全にアウトボクシングに徹し、ノーガードから手を伸ばす戦い方にチェンジ。しかし、田口もラウンド終盤にロープへ追い込んでボディーをたたき込んだ。7回、田口は相手を逃すまいと常に追い込みをかけ、左フックや右ストレートを放ったが仕留めるには至らず、終盤にはバレラが逆に前進して左を打ち込んできた。

 8回、前へ出て右ボディーを決めたバレラに対して田口も反撃。終盤にロープ際でボディー3発を決めると、挑戦者は完全にグロッギーに陥った。9回にはアッパーから一気にラッシュをかけ、ついにレフェリーが試合をストップした。

 試合後、放送席にいた田中がリングイン。改めて統一戦を誓い合った。田口は「ここ2試合判定で、期待に応えられなかった。前回ふがいなかったので、払拭したいと1回からいった。やってきたことを信じて、ボディーを入れてKOできたのはうれしい」と喜びを語った。9月13日に2度目の防衛戦を控える田中は「間違いなくライトフライで最強の相手。9月の試合に勝って、年内に向き合えることを望んでます」と宣言。田口も「9月も確実に勝ってくれると思う。年末にでも勝負できたら」と応じた。