放送終了「最高の一発」ユン・シユン&イ・セヨン&キム・ミンジェ、それぞれが迎えた結末とは

写真拡大 (全2枚)

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
「最高の一発」再び未来に帰ってきたユン・シユンは、ハッピーエンドを迎えた。

韓国で22日午後に放送されたKBS 2TV「最高の一発」では、再び過去に戻ったヒョンジェ(ユン・シユン) の姿が描かれた。

ヒョンジェは眠ったウスン(イ・セヨン) を置いて、屋根部屋の階段からそりに乗って降りていった。ヒョンジェが目覚めると、病院の中だった。ヒョンジェは再び過去に戻っていた。ヒョンジェは夢かと混同したが、夢ではなかった。ヒョンジェが帰った過去は、自分が亡くなった年の1994年だった。

未来から戻ってきたヒョンジェは、94年のヒョンジェを探すため、グァンジェ(チャ・テヒョン) に助けを要請し、家族と用事があり坡州(パジュ) に行ったと言う話を聞いて坡州に行った。そこで、ヒョンジェがスリョン湖に行ったという話を聞いて、すぐ駆け出した。94年のヒョンジェは病状がはっきりしており、両親の遺骨をスリョン湖に撒いた。

2人のヒョンジェはそこで会うことになり、94年のヒョンジェは当惑した。ヒョンジェは94年のヒョンジェに20年後の未来と息子のジフン(キム・ミンジェ) について話した。ちょうどこの日は双子の台風が来た日であり、2人は共にワールド企画に行った。ヒョンジェは94年のヒョンジェを未来に送ろうとしたが、94年のヒョンジェはここで仕上げをしたいと断り、結局ヒョンジェは1人でそりに乗って降りていった。

ジフンとMCドリル(ドン・ヒョンべ) は地上波の音楽番組に出演することになり、グァンジェはボヒ(ユン・ソナ) との結婚に成功した。ウスンはワールド企画でチーム長として働きながら作曲の勉強を始めた。ウスンは依然としてヒョンジェを思っていた。そんなウスンの前に再びヒョンジェが現れ、2人は感動の再会を果たし、キスを交わした。

再び戻ってきたヒョンジェは完全にここで生きることを誓い、グァンジェと再び仕事をすることにした。ヒョンジェはジフンに、94年のヒョンジェについて話し、彼が残した腕輪を渡した。