アーロン・エイブラムス

写真拡大

サイコサスペンスドラマ『ハンニバル』のブライアン・ゼラー役で知られるアーロン・エイブラムスが、ショーン・ビーン(『ゲーム・オブ・スローンズ』『ロード・オブ・ザ・リング』)主演の新作ドラマ『The Oath(原題)』に出演することが分かった。米Deadlineが報じている。

『The Oath』は、米オンライン配信サービスCrackleが製作する10話構成の作品。舞台となるのは、内部に入り込むのがほぼ不可能な腐敗した秘密組織。一度組織に加わると同じ"誓いのランク"にいる者同士が、どんな手段を使ってでも内外の敵からお互いを守り抜かなければならないという設定の中、ストーリーが展開していく。

アーロンが演じるのは、とある会社の若き敏腕CEOデヴィッド・シャンクマン。アメリカ食品医薬品局から新薬の承認が下りるまでの間、会社の経営を維持するためにその新薬を化学兵器として使う取引をギャング団のリーダーと交わす、物語のキーパーソンとなるような役どころだ。

アーロンとともに、セーラ・デュモント(『ゾンビワールドへようこそ』)、ビリー・マローン(『グレイズ・アナトミー』)の出演も発表されている。ほかには、ライアン・クワンテン(『トゥルーブラッド』)、コリー・ハードリクト(『アメリカン・スナイパー』)、カトリーナ・ロー(『ARROW/アロー』)、マイケル・マラーキー(『ヴァンパイア・ダイアリーズ』)、リンダ・パール(『HOMELAND』)らがすでにキャスティングに名を連ねる。

製作総指揮を担うのは、カーティス・ジャクソンの名で俳優・プロデューサーとしても活動するラッパーの50セント。脚本・製作総指揮・クリエイターを『HAWAII FIVE-0』のジョー・ハルピンが務め、第1話の監督はジェフ・T・トーマス(『FRINGE/フリンジ』『CSI』)が担当する。(海外ドラマNAVI)