チェルシーの『モラタ爆買い』…ジョー・コールはどう思ってる?

写真拡大

レアル・マドリーからチェルシーへの移籍が決まったスペイン代表FWアルバロ・モラタ。

その移籍金は7000万ポンド(101億円)とも伝えられている。そんななか、かつてチェルシーでもプレーした元イングランド代表MFジョー・コールが、モラタについて語った。

『talkSPORT』によれば、こう述べたそう。

ジョー・コール

「彼は本当にいい獲得だと思う。

僕は彼のことをそれほど見ているわけじゃないけど、プレーする時はいつだって印象的だ。

人々は彼のことをオールドファッションなイングランドのセンターフォワードだと言い続けている。

でも、モラタのような能力、パワー、スピード、テクニックを備えたFWを僕はそう多くは覚えていないよ。

彼は間違いなく世界最高の選手のひとりだ。7000万ポンドはお買い得だと思う」

全てを兼ね備えた能力を考えれば、100億円の移籍金もお買い得だと考えているようだ。