ブライアント・パークでのイベント準備中の様子【写真:Getty Images】

写真拡大

 米国ニューヨークのマンハッタン区にあるブライアント・パークに、現地時間22日に“史上最大”のバルセロナユニフォームが登場した。クラブ公式サイトや各国メディアが伝えている。

 バルサは22日に米国で行われたインターナショナルチャンピオンズカップの試合でユベントスと対戦し、2-1で勝利を収めた。試合に先立ち、同日午前にはニューヨーク中心部でファンの協力を得ての大規模なイベントが行われた。

 参加した3千人以上のファンが公園に用意された色付きパネルを掲げる形で、巨大なバルサユニフォームが地上に描かれた。クラブによれば「史上最大の人間サッカーユニフォーム」だという。描かれたのは2017/18シーズンの新モデルのユニフォームであり、胸には新たなメイングローバルパートナーとなった楽天のロゴも入れられている。

 イベントにはバルサのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長や、クラブのアンバサダーである元選手のティエリ・アンリ氏とジュリアーノ・ベレッチ氏、楽天の三木谷浩史CEOらも参加していたとのことだ。

text by 編集部