熱演を誓ったピーターパン役の吉柳咲良=都内

写真拡大

 女優・吉柳咲良(13)が23日、東京国際フォーラムで主演ミュージカル「ピーターパン」(同所で24日〜8月3日)の稽古を公開した。今年で37年目を迎える伝統の作品。吉柳はピーターパン役で出演するが、これが舞台初出演で初主演となる。

 この日はウエンディ役の神田沙也加(30)らと最大で高さ6メートルまで上昇するフライングのシーンを公開。「飛んでいる時は一番幸せ。緊張を忘れる」と見事な空中遊泳を披露。うまく飛ぶコツには「(神田)沙也加さんの足の動きを見習ったらうまくいった。いつも助けてくれるので安心して演技できる」と、沙也加のアシストに感謝していた。

 現在は13歳で中学1年生。昨年9月の「ホリプロタレントスカウトキャラバン」でグランプリを獲得。そして10代目ピーターパンの大役も任された。

 公演は東京のほか静岡、大阪でも開催。8月13日まで続くとあって、今年の夏休みは「ピーターパンしか考えられない」とこの役に集中する覚悟。夏休みの宿題にも「公演が終わったら専念します」と話していた。