ビートたけし

写真拡大

23日放送の「ビートたけしのTVタックル」(テレビ朝日系)で、ビートたけしが痴漢トラブルの原因は電車の異常な混雑率にあると指摘した。

番組では、通勤電車内の痴漢トラブルを話題に挙げた。相次ぐ痴漢トラブルの中には、冤罪のケースもあるという。スタジオでは、痴漢疑惑を掛けられた際の対処法について、弁護士の岡野武志氏、菅野朋子氏、鈴木淳也氏らと話し合った。

弁護士の中でも、その場から逃げるか逃げないかでは意見が分かれ、「その場で現行犯逮捕されないことが大切」「駅長室には行かない」「痴漢していないと主張する」などとコメント。またスタジオに登場した冤罪被害者の男性は「絶対、逃げた方が良い」と強く主張する。

そんな中、たけしが「大体、法律でだよ? 電車で(乗車率)何百%も乗せておいて、電車に何も文句をつけねぇってのは、どういうワケなんだよ!?」と疑問を投げかけたのだ。

たけしは、異常な乗車率で電車内が混雑し、「女の人と身体合わせるから痴漢問題(が起きる)」「ちゃんと席があって、立つだけ(スペースが)あれば、(他人が見ている状況で痴漢するような)そんなバカはいねぇからさ」と持論を力説していた。

【関連記事】
ビートたけしの気遣いを逸見政孝さんの息子・逸見太郎が告白
ビートたけしが日常で持つ美学「プライベートでは絶対威張らない」
ビートたけしが政治報道に苦言 議員の些細な発言を「取り立て過ぎる」