フォレスト・ウィテカー

写真拡大

米国ドラマ史の記録を塗り替えた大ヒットドラマ『Empire 成功の代償』。米FOXにて9月27日(水)にスタートするシーズン4に、『ラストキング・オブ・スコットランド』のイディ・アミン役でアカデミー賞主演男優賞を受賞したフォレスト・ウィテカーが出演することが決定した。米TV Lineなどが報じている。

フォレストが演じるのは、エンパイアレコードのCEOルシウス・ライオン(テレンス・ハワード)の曲を、ずっと前に初めてラジオでオンエアした"エディおじさん"。シーズン3で起きた車爆発事件の後、ルシウスの面倒を見る中で、クッキー(タラジ・P・ヘンソン)がエンパイアの20周年記念の曲をプロデュースしてほしいと頼む流れになるという。

同作は、スラム街での暮らしからヒップ・ホップ・アーティストとして成功を遂げ、大手レコード会社エンパイアのCEOへと上り詰めた米国音楽界の重鎮ルシウスと、彼の築き上げた"帝国"の王座をめぐり、3人の息子や元妻が華麗なる後継者争いを繰り広げる物語。マドンナやジャスティン・ティンバーレイクといった多くの有名アーティストを手掛けた大物プロデューサーのティンバランドが劇中の音楽を担当し、NE-YOやピットブルといった人気アーティストも楽曲制作に参加している本格音楽ドラマだ。

リー・ダニエルズが手掛ける本作と新作ドラマ『STAR 夢の代償』のクロスオーバーが予定されており、米FOXにて9月27日(水)の19:00と20:00に、『Empire』はシーズン4、『STAR』はシーズン2が続けてプレミア放送となる。(海外ドラマNAVI)