付け合わせにぴったり★【玉ねぎグリル】を冷凍常備菜にしよう

写真拡大 (全3枚)

玉ねぎグリルを冷凍すると便利!


ストック食材の代表でもある玉ねぎ。しかしたくさん買ったものの、余らせてしまうことはありませんか?そこで解決策としてご紹介するのは、グリルした玉ねぎを冷凍すること。

そのまま付け合せにも、刻んでチャーハンの具材などにしても料理に深みが出るのでオススメです♪

じっくり加熱して甘みを引き出します


たまねぎの切り方がポイント。丸ごとでは大きいので、輪切りにして焼きます。じっくり加熱することで玉ねぎの甘みが引き立ちます。加熱後にふたをして蒸らせば調味料がなじんでGOOD!


玉ねぎの冷凍常備菜☆姿焼き

by ブルーアトラス_o

弁当にあと一品欲しい時☆ハンバーグの付け合せ☆チャーハンやスープの具材にどうぞ。

作り方のポイントをチェック!


玉ねぎを輪切りにします

玉ねぎは皮を剥き、へたを落とし、輪切りにしてフライパンに並べます。

ふたをしてまずは片面を焼きます

サラダ油小さじ1を加え、フライパンにふたをして、7分加熱します。

調味料を加えてさらに裏面を焼きます

ヘラで玉ねぎを返し、調味料を加えたら再びふたをして7分加熱します。7分後に再びヘラで返せば完成です!

焼き色が付いておいしい♪


つくれぽ(みんなの作りましたフォトレポートのこと)にも、「少し焦げ目が薄いかな。旦那が大喜びだったのでりぴしますねご馳走様」「今回はしっかり焼き色ついたよ♪おいしくて足りないくらいだわ」など、レシピを絶賛する声がたくさん届いています。


そのまま付け合せにするのもよし、冷凍されたまま刻んでチャーハンやスープの具材にしてもおいしいですよ♪味付けしてあるので、グッと料理のコクが増します!まとめて作って冷凍しておけばとっても便利。ぜひ、お試しくださいね。(TEXT:小屋原佳苗)

「作りおきおかず」保存のルール



冷蔵庫や冷凍庫で保存…常温での保存は避ける

清潔な保存容器を使用する…水滴や汚れは腐敗の原因に

取り分け用の箸で取り出す…口に直接入れる箸や手でさわるのはNG

完全に冷めてからラップやフタをする…冷めないうちにフタをすると内側に水滴が付き、腐敗の原因に
3日1回は加熱して殺菌する(レンジ可)
お弁当に入れるときはレンジで再加熱&完全に冷ます
作った日付を記しておく