『シノアリス』には多種多様の武器が登場します。武器にはステータス以外にも必ずチェックするべきポイントがあるんです。

それは「ウェポンストーリー」。『シノアリス』のすべての武器には、固有のストーリーがあるんですよ。

ヨコオタロウ作品ではお馴染みですよね?『シノアリス』には、『ドラッグオンドラグーン』や『ニーア』と同じ武器も登場するくらいです。

この記事では、そんなウェポンストーリーの魅力をお伝えしていきます。今後も定期的に公開していく予定ですよ!

今回お届けするのは「全知の書」。

「全知の書」のウェポンストーリー

搾取されるだけの人生を嘆く少年がいた。
彼の両親は真面目であったが、領主の気まぐれで命を落とした。
だから彼は、世を正し平等な世界をつくろうとした。

そんなある日。
彼の元に全知が記されているという魔書を譲り渡す者が現れた。
読めない文字ばかりであったが、少年は懸命に学び続け、やがて全ての文字を読むことができるようになった。

だが、まだ全知を手にしたわけではなかった。
少年は文字を読むことができたのだが、その意味までは理解することができなかった。そして時は流れ、少年は大人になり、やがて恋をし、家族を手にした。

その頃になると、彼は全知を理解することができた。
全知を手にした少年は絶望する。そう。少年は理解したのだ。
この人間が溢れる世界など、いくら努力したところで平等になるはずがないということを。


筆者の感想と考察:読み終えた感想は「わかる〜!」だった

文章は、ウェポンストーリーの中では読みやすく意味もスッと入ってくるタイプだと思います。「暴食の鎌」みたいに、エグさはなかったです。

しかし、読み終えた時にナチュラルに「わかる〜!」と思ってしまったのが今回の大きな印象です。

平等ってことばは広義で、一概に「どんなに努力しても無駄」と言い切るのはいかがとは思いますが、まあ・・・無理ですよね笑

誰しも早かれ遅かれ気がつくことだとは思うのですが、そう考えると「全知の書」には何が書かれていたのでしょうか?

そこには平等なんて言葉では収まらない、世の汚なさが書いてあったのか。それとも人間程度には理解もできない悟りが書かれているのか。

ぜひ読んでみたいものですね。なんかしっくりこない結びだ・・・。

ウェポンストーリー考察シリーズ

終焉を刻む槌再会の汽笛暴食の鎌

シノアリスの攻略まとめはこちら!

シノアリスの最新ニュース、キャラとジョブの評価、攻略情報などをまとめてチェックできるページです。ブックマークしておくと便利ですよ。
→ シノアリスの攻略・最新情報まとめ