ミッツ・マングローブ

写真拡大

23日放送の「ボクらの時代」(フジテレビ系)で、タレントの徳光正行が、ミッツ・マングローブが男性に目覚めたきっかけについて語った。

番組には、徳光和夫の二男である正行ら、有名人を父に持つ二世タレント3人が出演した。この中で正行は、いとこにあたり女装家として活動するミッツに言及したのだ。正行曰く「彼は私と違って優秀。慶應義塾大学を出た後にイギリスに留学していた」とし、「留学から帰ってきたときに、『正くん、実は男性が好きなんだ』」と打ち明けられたということだった。

その時、ミッツからは「正くんのせいだ」とも言われたそう。正行が驚くと、ミッツは「小さいときプロレスごっこで上半身脱げって言われて、気持ちよくなっちゃった」「僕は隠したかったのに、『堂々としろ』って言うから。そこからクセになっちゃった」などとカミングアウトしたというのだ。

正行は「僕は(プロレスラーの)天龍とかジャンボ鶴田を格好いいなと思って見てたいた」と前置きした上で、「ミッツは小学生当時からいやらしい目で見てたってことですね」と冗談ぽく語り、スタジオを笑わせていた。

【関連記事】
徳光正行が父・徳光和夫を酷評「あれも大概クズ」「毎回の涙もウソ」
徳光正行が「ガキの使い」スタッフのシゴキに涙「ホントに練習が辛くて」
徳光和夫 ギャンブルのために息子・徳光正行の引き出しから現金を盗んだ過去