22日、中国メディアの海外網は、中国人青年が留学先の米国で人種差別被害に遭ったと伝えている。写真はマンハッタン。

写真拡大

2017年7月22日、中国メディアの海外網は、中国人青年が留学先の米国で人種差別被害に遭ったと伝えている。

中国遼寧省瀋陽市出身の留学生、シェン・スーウェイさんは16日、フェイスブックに動画を投稿し、ニューヨーク・マンハッタン14丁目のマクドナルドでガールフレンドと食事をしようとしていたところ、高齢の米国人女性から口頭で人種差別を受けたと告発した。

シェンさんと恋人が席に座り何を注文しようか話していたところ、突然向かい側に座っていた女性から「誰がテーブルに着く権利を持っているのか。私たちアメリカ人か、それとも君ら外国の犬か。ここへ来るな。私は食事しているのだ。この犬はテーブルに着いている」などと暴言を浴びせられたという。

この女性はさらに間に入ろうとした従業員に対しても「本当にマネージャーか?コロンビア人のように見える」などと悪態をついたという。(翻訳・編集/柳川)