作家の乙武洋匡氏が23日、フジテレビ系「ワイドナショー」に、LCCの「バニラ・エア」が車いすの男性に対してとった対応についてコメントを寄せた。乙武氏は「今回の騒動をただの魔女狩りで終わらせることなく、次のアクションにつなげていくことが大事」などと訴え、社会が広く共有すべきであると問題提起した。

 番組では冒頭で、6月に起こったこの問題を取り上げた。車いすを利用する半身不随の男性が奄美空港から搭乗する際のことで、同行者に車いすごとかついでもらって上がろうとしたが、職員から「規則違反」と制止された。そのために男性は自分の腕の力だけで17段のタラップを上った。これについて航空会社への批判や男性へも「クレーマー」との批判があったことを番組で紹介した。バニラ・エアは男性に謝罪し、奄美空港に階段昇降機を導入したこともあわせて紹介した。

 乙武氏は「今回はたまたまバニラ・エアが批判の矢面に立つことになりましたが障害を理由にサービスを断られる場面は山ほどあります」と自身の経験から訴えた。「障害者はそうした中での生活を強いられていること、それが社会としてあるべき姿なのかを皆さんで話し合っていただければと思います」と番組に求めた。

 また、「今回の騒動をただの魔女狩りで終わらせることなく、次のアクションにつなげていくことが大事です。設備にはお金が必要。そのお金は誰が出すのか。出せない場合は障害者が我慢し続けるべきなのか。こうした議論につなげていきたいですね」とした。