ジャスティス・リーグがコミコンに降臨 Photo by Kevin Winter/Getty Images

写真拡大

 米ワーナー・ブラザースが7月22日(現地時間)、米サンディエゴで開催中の「サンディエゴ・コミコン・インターナショナル」でプレゼンテーションを実施。「ジャスティス・リーグ」のベン・アフレック、ガル・ギャドット、ジェイソン・モモア、エズラ・ミラー、レイ・フィッシャーが登壇した。

 アフレックらは、6500人のファンが埋め尽くしたホールHで、客席を通ってステージへ向かい、場内は興奮のるつぼに。フラッシュ役のミラーは、日本の漫画「鋼の錬金術師」のエドワードのコスプレで登場し、終始ハイテンションだった。

 単独主演映画を準備中のアフレックは、前日にバットマンを降板する可能性が報じられていたが、本人は「僕は世界一ツイている男だ。バットマンは宇宙で一番クールな役だから」と噂を一蹴。「このホールHで『アイム・バットマン』と言えるのは嬉しいことだ」と力を込めると、ミラーとモモアも口々に「アイム・バットマン」と身を乗り出し、仲のよさを見せつけた。

 また、ザック・スナイダー監督が家庭の事情でポストプロダクション段階で降板し、「アベンジャーズ」のジョス・ウェドンがメガホンを引き継ぎ再撮影が行われていたが、フィッシャーが「ちょうど終わるところ」だと報告した。

 プレゼンテーションでは、同作の新予告がお披露目されるとメンバーもステージ上で興奮して大暴れ。そのほかにも、モモア主演「アクアマン」(ジェームズ・ワン監督)から、海底王国アトランティスの風景が垣間見える本編映像の一部が上映された。

 「ジャスティス・リーグ」は11月23日公開。