C.I.V.A キム・ソヒ、Wanna Oneメンバーとの親交を告白「番組を見ながらたくさん泣いた」

写真拡大

I.B.Iのキム・ソヒがWanna Oneのハ・ソンウン(HOTSHOT ソンウン) との親交をアピールした。

キム・ソヒは最近「bnt」とグラビア撮影を行った。清純な魅力からセクシーな魅力まで、多彩なコンセプトを完璧に演出した。

続いたインタビューでは率直な話で視線を集めた。キム・ソヒはMnet「プロデュース101」シーズン2を見て、自身がシーズン1に参加したことを思い出したと話した。

彼女は「最終回を家で見たが、あんなにたくさん泣いたのは生まれて初めてだった。私が参加した当時を思い出した。シーズン2の参加者の気持ちを私も知っているし、私は脱落した経験があったからもっと共感した。参加者の気持ちがそのまま伝わった。泣きすぎてテレビの電源を切った。しかし気になってテレビをまた見たが、とても悲しかった」と話した。

「特別に応援したメンバーがいたのか」という質問に「ハ・ソンウン」と答えた。キム・ソヒは「実はソンウンと私は高校1年生の頃、JYPエンターテインメントの公開採用オーディションに参加し、1ヶ月間活動しながら親しくなった。『プロデュース101』の撮影時、とても大変だったと話した。それでも君はできると応援してあげたが、結局最後のメンバーとして選ばれた。それを見てまたたくさん泣いた。過去、一緒に苦労したので、ハ・ソンウンをたくさん応援した」と特別な愛情を示した。

グループやソロ歌手に関係なく、正式デビューを目指すキム・ソヒ。彼女はソロ歌手としてデビューするとしたら、IU(アイユー) のように、自身だけの色がある音楽をやりたいと話した。またグループI.B.I、C.I.V.Aメンバーとして一緒に活動したAprilのユン・チェギョンのステージを見て「一緒に活動する時には知らなかった魅力を発見し、ファンになった」と伝えた。

理想のタイプも公開した。キム・ソヒは「カン・ハヌルが理想のタイプだ。優しい感じがとてもいい。実際に会ったことはないが、とても優しく見えるし、その優しい笑顔ですべてを抱きしめてくれるような感じだ」と話した。