アニメ映画「フェリシーと夢のトウシューズ」のジャパンプレミアで舞台あいさつを行った土屋太鳳(左)と夏木マリ

写真拡大

 仏・カナダ合作のアニメ映画「フェリシーと夢のトウシューズ」(8月12日公開)のジャパンプレミアが23日に都内で行われ、日本語吹き替え版の声優を務めた女優の土屋太鳳(22)と夏木マリ(65)が舞台あいさつに立った。

 パリ・オペラ座の舞台に立つことを夢見る主人公フェリシー役で、洋画の吹き替えに初挑戦した土屋。3歳からクラシックバレエや日本舞踊を習っているだけに、「共感するところが多くて、声を当てながらパワーをもらえました。素晴らしい作品と役に出合え幸せ。この幸せを愛を込めてお届けしたい」と笑顔で話した。

 さらに、日本語版の主題歌「Felicies」の歌詞と歌唱も担当。「いろいろな方に共感してもらうことを根っこに、今まで自分が感じたこと、感謝やエールを込めてつづらせていただきました。受け取っていただけたらうれしい」と照れた。

 「千と千尋の神隠し」など声優としても定評のある夏木は、「数を経験されていないのにピッタリ。踊りの気持ちも分かるし、国内では太鳳さんしか考えられない。120%。素晴らしい」と土屋の声を大絶賛。さらに、主題歌についても「エンディングまで太鳳さんが歌っていることを知らなかった。しかも作詞まで。やるな、お主」と称えた。

 土屋がデビューした頃からのファンだそうで、自身が演出・出演する舞台「印象派」が来年25周年を迎えることから「ダンスができるので、お忙しいでしょうけれどいつか時間が空いた時にプリンシパルとして一緒にパフォーマンスをつくりたい」とラブコール。土屋も、「ぜひご一緒させてください」と応じていた。