小島瑠璃子【写真:竹内みちまろ】

写真拡大

 23日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ)で、小島瑠璃子指原莉乃が、男性から女性への「褒め言葉」セクハラについてコメントした。

 番組では、男性の体育教師が特定の女子生徒に「汗ダクダクでいいね」と褒め言葉として声をかけたことが、「気持ちが悪いのか」否かを討論。「言い方ですよね」と指摘した指原は、もしも秋元康に言われたら「気持ち悪い」と即答しつつ、学校という状況下でのこの言葉も「気持ち悪い」と断言した。

 松本人志は「体育」の先生としての言葉であるなら「気持ち悪いかですかねぇ......」と首をかしげたものの、小島瑠璃子は「そもそものワードセンスが気持ちが悪いと思います」とバッサリ。「汗だく」でなく「汗だくだく」というその言葉のセンスでは「イケメンの先生が言っても人気がなくなると思います」と不快感たっぷりの表情で語った。松本が「『汗ビチョビチョでいいね』なら?」と例えをだすと小嶋は「気持ち悪い〜〜!」と身悶え。松本が指原に「なんでそんな気持ちの悪いこと言うの!」と責められてしまう場面も。

 「汗びしょびしょ」「汗びっちょびちょ」とスタジオの男性陣が例えを出す中、小嶋からOKがでたのは「爽やかな汗でいいね」。「ワードチョイスだと思いますけどね」と、小嶋は女性への「褒め言葉」での言葉のセンスの必要性を繰り返し語った。