(左から)香草パン粉焼き、ハーブムニエル、アクアパッツァ

写真拡大

ハウス食品は、「海鮮マルシェ」シリーズ3品を2017年7月24日から発売する。

鮮魚コーナーに陳列

スパイスやハーブの風味が効いた、魚介類の洋風メニューが簡単に作れる調味料。料理のレパートリーが増え、手軽に食卓に取り入れられるという。

「サーモンを美味しく食べる香草パン粉焼き」はサーモンを用意するだけで、4種のハーブ(バジル、パセリ、オレガノ、カフェライムリーフ)が香るサクサク食感の1皿を楽しめる。

「白身魚を美味しく食べるハーブムニエル」の材料は白身魚のみ。フレンチハーブ(ディル、パセリ、タイム)とバターの風味にレモンの香りをほんのりときかせた。

「白身魚を美味しく食べるアクアパッツァ」では白身魚とミニトマトを準備する。イタリアンハーブ(オレガノ、パセリ、タイム)とフュメ・ド・ポワソン、白ワインの風味がきいている。

"魚介類"に特化した専用調味料として、全国小売店の鮮魚コーナー付近に陳列する。

価格はオープン。