北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は22日、同国が4日に試射した大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星14」型を誇示する署名入りの論説を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論説は、「大陸間弾道ロケット『火星14』型試射での一度の成功は年代と世紀を継いで持続してきた長たらしい反米対決戦で収めたチュチェ朝鮮の輝かしい勝利である」と強調した。

また、「こんにちの輝かしい勝利は、主体的ロケット工業の開拓者、建設者である金日成主席と金正日総書記の核戦力建設大業を立派に継承し、発展させていくことを畢生の使命に刻み付けた最高指導者金正恩委員長の不眠不休の革命指導がもたらした貴い結実である」と述べた。

さらに、「米国の対朝鮮敵視政策とわが共和国に対する核脅威が根源的に一掃されない限り、核戦力強化の道からたった一寸も退かないという千万軍民の意志は確固不動である」と主張した

そのうえで、「米国とその追随勢力がわが軍隊と人民に白旗を持って降伏書を捧げる時まで『祖国と人民のために決死戦 前進しよう!』というスローガンを高く掲げてチュチェ朝鮮の核兵器廠は質量共にいっそうしっかりと、勢い強く固められるであろう」と強調した。