シルバー仮面&レッドバロンが夢の共演!『ブレイブストーム』映画化決定(C)albatross japan

写真拡大

 1970年代にテレビで人気を博した伝説の特撮ヒーロー番組『シルバー仮面』と『スーパーロボット レッドバロン』が1つのスクリーンで共演するSFアクション映画『BRAVE STORM ブレイブストーム』の公開が決定。大東駿介と渡部秀をW主演に迎え、共演には山本千尋、タモト清嵐、春日光一、壇蜜、泉谷しげる、寺脇康文、吉沢悠らが名を連ねる。

【関連】『BRAVE STORM ブレイブストーム』フォトギャラリー

 物語の舞台は、キルギス星人の侵略によって人類が滅亡した2050年の地球。わずかに残された人類の中、春日5人兄弟(大東、山本、タモト、壇蜜、春日)は、過去に時間移動し、侵略者キルギス星人を地球侵略開始前に抹殺することを計画する。2015年に移動した兄弟たちは、ロボット工学者・紅健一郎(吉沢)に接触し、巨大ロボット“レッドバロン”の製造を懇願する。エイリアンVS強化人間と巨大ロボットVS巨大ロボット。東京を舞台に、壮絶なバトルが開始される。

 監督は、『帝都物語』『ゴジラvsビオランテ』の造形美術などを手がけ、円谷プロダクション元代表取締役副社長の岡部淳也がメガホンを取り、特撮業界最強のクリエイティブスタッフが集結した。

 また、本作は公開宣伝資金増強を目的としたクラウドファンディングも開始。支援者には、先行上映会チケット、限定ポスター、メイキング本、撮影台本、デザイン画など、各プランによってさまざまな特典がつくという。

 映画『BRAVE STORM ブレイブストーム』は2017年秋、TOHOシネマズ上野他全国ロードショー。