22日、露メディアは、中国の習近平国家主席が推進する反腐敗キャンペーンで、高級官僚を含む約21万人が処分され「特権階級も例外ではない」と伝えた。写真は中国共産党の党員会議。

写真拡大

2017年7月22日、露メディアは、中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席が推進する反腐敗キャンペーンで、高級官僚を含む約21万人が処分され「特権階級も例外ではない」と伝えた。参考消息網が報じた。

中国政府はこれまで「政府幹部も処罰の対象になる」と強調。腐敗を監視する中国共産党中央規律検査委員会はこのほど、今年前半だけで党員約21万人が処分されたと発表した。うち「省部級幹部」が38人、「庁局級幹部」が1000人以上、「県処級幹部」が8400人以上、「郷科級幹部」が3万1000人、「一般幹部」が3万9000人、「農村、企業等その他人員」が12万9000人に達するという。

処分の対象となった場合、解任や昇進停止などになる可能性もある。(翻訳・編集/大宮)