7月22日放送の『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)には、ゲストとしてももいろクローバーZが登場。「松本潤のTHIS IS MJ」のコーナーには、内田篤人が出演した。

参考:嵐 相葉雅紀と松本潤、『ぼくらの勇気 未満都市』出演の意義は? 2人の演技から感じた20年の歩み

 「松本潤のTHIS IS MJ」は、どちらがカッコイイ男かを決める男と男のスマート対決。内田がMJに挑戦した理由を「僕、娘が生まれまして、娘が大きくなったら嵐のファンになるだろうと。その時にMJに勝ったんだと、パパは勝ったんだと、そう伝えたい一心です」と熱い眼差しで語る。それに松本は「ウッチーかー。無理無理、絶対無理。この間言ったじゃん、1回ムロ(ツヨシ)君挟もうって」と挑戦者のレベルについて抗議する場面も。自分のフィールドで戦いたいという内田の願いで、対決勝負は身体能力が試される競技をどちらが見事にこなせるかを競う3番勝負が行われた。

 フラフープ対決、アクション対決、ゾンビアクション対決と3番勝負の末に勝利したのは、松本。勝負を終えた内田は、「ぜひもう一度と思ってる」とリベンジマッチを希望しながら「ドイツでコソコソ練習を」と本音も漏らしていた。スタジオで「松本潤のTHIS IS MJ」のVTRを観ていた嵐、ももクロの一行。百田夏菜子は、「スゴくカッコイイところと、スゴくカッコ悪いところがちょいちょい顔が見れて、『なんなんだろうこの人』っていう」と松本を目の前にして正直な感想を伝え、メンバーの笑いを誘った。

 ももクロとは、櫻井&百田、相葉雅紀&有安杏果、二宮和也&玉井詩織、松本&高城れに、とメンバーカラーが同じ者同士でペアを組んでクイズに挑戦。大野智&佐々木彩夏は同じカラーがいない者同士でペアになった。挑戦するのは「真夏のカレーデスマッチ」。そこで紹介された神田にあるインド料理屋『マンダラ』の「チキンバターマサラ」は、日によって味にバラつきがあるため、ホールマネージャーの中川氏が毎日味をチェックしているという。ここで大野が、「以前マネージャーと仕事したことがある」と話し始め、「舞台やってて、そこで殺陣の指導とかしてくれてたの。だから、カレー屋になってビックリしてる」と驚きを隠せない様子であった。

 次回、7月29日の放送では「嵐 vs 遠藤憲一」「隠れ家ARASHI『櫻井翔×高橋洋子』」「二宮和也の小っちゃな野望」を放送予定だ。(向原康太)