Twitterユーザーの坊主(@bozu_108)さんが『子どものころ勘違いしていたこと選手権』を開催!

笑えるものから、なぜか涙が出てくるものまで、「分かるー!」「確かにそうだった」と共感できる投稿が集まりました!

『子どものころ勘違いしていたこと選手権』

まずは、惜しくも受賞を逃してしまったものの、みごと入選した優秀な作品をいくつかご紹介します。

入選帰国子女は女だと思っていた小野妹子も女だと思っていた雰囲気をふいんきだと思っていた男も女も全部、卒業生はOBだと思っていた

「あるある」です! こう勘違いしていた人は多いはずなので、自分がそうだったとしても恥ずかしくはありませんよ。

少しなら『かめはめ波』が出ると思っていた

信じていた男の子たち、ドンマイです。

お坊さんは真面目な人がなる職業だと思っていた

色々な人がいてもいいのではないでしょうか…。

お母さんはちゃんとお年玉を貯金してくれてると思っていた

いつか、「この時のために貯金しておいたんだよ」と通帳を差し出してくれると信じています。

これを東京タワーだと思っていた

子どもから見れば、似ていないこともない!

最優秀賞

続いて、最優秀賞に選ばれた作品の発表です!

当たり前だと思っていたことが、こんなに難しいだなんて…子どものころは知らなかった!

必死に受験勉強をして進学し、そこで待っているのは厳しい就職活動。

なんとか内定をもらい、就職はしたものの、趣味を楽しんだり恋人を作ったりする余暇もないほどの激務…。

気付いたら周囲はみな結婚をし、自分は1人ぼっち。

…こんなことになるなんて、子どもの時は思いもしなかった!

最優秀賞作品に対し、このようなコメントが寄せられました。

まさに、私です。涙でぼやけて最後まで見えない。まだ学生だけど共感してしまった…。

ですが、子どものころと違って、大人にはこんな強みがあります。

「なりたい自分になるために、過去の成功や失敗の経験を生かして努力ができる」

涙を拭いて、前へ進みましょう…!

坊主さんの選手権は、続々と開催されています。次はどんな大作が飛び出すのか楽しみですね!

[文・構成/grape編集部]