7月22日(土)、映画『銀魂』大ヒット御礼舞台挨拶が新宿バルト9にて行われ、志村新八役を務めた菅田将暉さんらが登壇しました。


映画『銀魂』は累計発行部数5100万部以上、『週刊少年ジャンプ』の大人気コミックの実写映画化!

SFと時代劇がミックスされた混沌とした世界に、人情、笑い、アクションなどが散りばめられた、痛快アクションエンターテインメントです!

ファッショニスタの菅田さんなだけに、この日もとっても奇抜&かわいい姿で登場。

細かいチェックのジャケットに白Tシャツのトップスに合わせたのは、なんと膝上から太もものあたりまで、ばっくりと切れたデニム!

首からはカメラをぶら下げ、さらには長めの髪を後ろでひとつに結び、役柄同様、丸眼鏡をかけて、菅田さんにしかできない着こなしを披露していました。

一緒に登壇した福田雄一監督が、眼鏡についてつっこむと、「うちのおじいちゃんがかけていたモデルです」とサラッと答えた菅田さんでした。

『銀魂』は興行収入も好調で、公開直後の週末2日間でなんと54億円を記録し、今年公開された実写邦画のオープニング2日間で堂々のNo.1に輝いています。

うれしい反響は菅田さんの元にも届いていると話し、「“面白かった”と聞きます。おじさんから若い女子まで“笑った”と言ってくれるから、うれしいですね」と笑顔。

さらに、この日は、アニメ版で新八を演じる声優・阪口大助さんがサプライズで登場しました。

阪口さんが「映画の話、しますよ。僕はひっそりとひとりで観に行きました(笑)」と飾らぬトークをすると、本物の阪口さんに初めて会った菅田さんは、「この世界、いろいろな人に会うじゃないですか。でも、別格に緊張する!」と大興奮。

福田監督も、「声優さんは特別な存在ですよね。もうちょっと大ヒットしたら、3人揃って来てくれたりするのかな?小栗、橋本も召集してさ」と、夢のキャスト競演を語っていました。

『銀魂』は全国ロードショー中です!

【関連記事】

※ 上戸彩「氷ケーキ」をプレゼントされあたふた

※ ミランダ・カーが公式クリッパーで登場!

※ 平愛梨、1番好きなイタリア語を披露

※ 本田翼、人生やり直すとしたら「高校3年」

※ ウエンツ瑛士、お酒飲んで「もう仕事おしまい!」