ネイマール狙うPSG、「286億円」はどうして払える?専門家の予測は

写真拡大

『BBC』は22日、「シェフィールド・ハラム大学のロブ・ウィルソン教授は、パリ・サンジェルマンがネイマールをどうやって獲得するのか予測した」と報じた。

現在、パリ・サンジェルマンは2億2200万ユーロ(およそ286.7億円)という移籍金を投じてネイマールの獲得に向かっていると言われる。

歴史上最高額の2倍近くとなるこの数字には懐疑論が相次いでいるが、一方ネイマールが合意したという報道もあり、情報は錯綜している。

しかし、そのとんでもない額をどう支払えるというのか?欧州には収入と支出のバランスをとるためのファイナンシャル・フェアプレー制度があるというのに?

サッカー経済学の専門家であるロブ・ウィルソン氏は以下のように話し、この取引を実現させられる方策について説明したという。

ロブ・ウィルソン

「パリ・サンジェルマンがネイマールを買うとすれば、契約の過程でその支払いをずらしていくことになるだろう。

2億ポンド(およそ286.1億円)を払うと仮定すれば、それを10年間の契約にしてしまう。年間2000万ポンド(およそ28.6億円)になるわけだ。もちろん、バルセロナの同意が必要だが。

ネイマールの場合、バランスを取るために初年度に1億ポンド(およそ143.1億円)程度を支払い、その後分割にしていくという手があるだろう」

(投資をどのように回収する?)

「商業的な利益やスポンサーシップの資金になる。明らかに市場性の高い選手であるからだ。

パリ・サンジェルマンは、選手や代理人との間で肖像権料の取り分を決めることが出来る。クラブのプロモーションに彼をどのように使っていくのがベストなのかをね。

思うに、今回この契約をまとめるとすれば、パリ・サンジェルマンとのパートナーシップに多くの企業が関心を寄せることになるだろうね」
ロブ・ウィルソン

(シャツの販売は?)

「シャツの販売については神話のようなものがあるね。しかし、それはメーカーが売上高の最大分を取っていくものだ。

マンチェスター・ユナイテッドは7500万ポンド(およそ107.3億円)の契約を結んだが、Adidasとのスポンサーシップはおおよそ固定料金だ。

何枚シャツを売るか、選手がシャツを売ってくれるかどうかは、(クラブにとっては)それほど重要ではない。単純に7500万ポンドを得られるだけだ。

しかし、ネイマールの力によってクラブがサッカー的に成功を収めれば、費やした分の投資を回収するための影響はあるだろう」

(ファイナンシャル・フェアプレーはどうなる?)

「(ネイマールを分割で買ったとして)それで今後2年間どのようになるかはわからない。

買うことでどれだけの負債になるのか。カタールがどれだけ現実的に投資できるのか。それは本当にわからない。

新しい商業的なパートナーシップを見つけられるか、あるいは支援者が何らかの方策を示すか。それでネイマールの経費を相殺できるかもしれない。

買うとなれば、ファイナンシャル・フェアプレーの制限を確実に回避できる何らかの手段があるのだろう、

パリ・サンジェルマンは現在その監視下にはない。しかし帳尻を合わせようとすれば、2〜3名の選手を売ることになるだろうね」