彼氏とは普段からLINEで会話をすることも多いでしょうが、使い方を間違えてしまうと、鬱陶しく思われてしまうこともあります。

LINEが重荷になってしまったりすると、別れの原因になることだってあり得るかもしれません。



出典:Nosh

そこで今回は、“長続きしないカップル”のLINEの特徴を紹介します。

 

■「返信」を催促する

恋人からLINEの返信がこないと、不安になったり心配したりしてしまう気持ちはわかります。とはいえ、ちょっと返信がなかったくらいで、「なんで返事をくれないの?」なんて問い詰めてしまうのは絶対にNGです。

仕事で忙しかったり、手が離せない状況である可能性だってあるので、無理に返信を催促するようなことをしたら相手の重荷になるだけ。そんなことが多くなると、あなたと一緒にいることにも嫌気がさしてしまうでしょう。

 

■連絡が「義務化」されている

「一日一回は必ずLINEを送る」とか「寝る前にはおやすみのLINEを送り合う」など、LINEをすることが義務化されていってしまうと、次第に面倒にも感じるようになりがちです。その決まりごとが多くなればなるほど、鬱陶しさも倍増するでしょう。

お互いに送りたいと感じたときにLINEを送るというのが当たり前の形ですし、自然な形でもあります。毎日送り合わなければいけないというような暗黙の了解ができてしまうと、どんどん疲弊もしてきてしまいますよ。

 

■いつまでも「終わる気配」がない

彼氏とはいつまでもずっと話をしていたいという気持ちになるかもしれませんが、男性はLINEで長話をするのがとにかく苦手です。いくら相手が彼女とはいえ、いつまでも終わりが見えない会話を続けるのはさすがに苦痛でしょう。

大事な用件や、聞いていておもしろい話であるならまだいいですが、どうでもいいつまらない話を延々と聞かされるのは、男性は耐えられません。キリのいいところで話を切り上げてあげないと、あなたからLINEが来ることが恐怖にすらなってしまいかねませんよ。

 

■「相手の状況」を考えていない

仕事中に恋人からLINEが来たり、翌朝早いのに夜中にLINEが送られて来たりしたら、はっきり言って、かなり鬱陶しいですよね。相手の状況もちゃんと考えて送るようにしないと、ただの迷惑になってしまうでしょう。

例えば、彼氏が大きな仕事を抱えていて大変そうなときは、「ゆっくり休んでね」というメッセージだけを送って、長々と会話をしたりはしないようにするなどの気遣いはとても大事。そういうことがさりげなくできる彼女だと、男性も大切にしようと感じてくれるものですよ。

 

男性は女性とは違い、LINEをコミュニケーションツールとしてではなく、連絡ツールとして捉えています。なので、それを理解せずにLINEを送りまくってしまうと、うんざりされてしまう可能性も高いですよ。

【取材協力】

※ 20〜30代独身男性

【関連記事】

※ 最高の夏を楽しむために。大人女子が今から始めておきたい3つのコト(PR)

※ 血液型別「体目当ての男」が送るLINE【AB型はバーに誘いがち】

※ 騙されないで!「カラダ目当ての男」からのLINE対処法

※ さすがにウザすぎ…確実に「モテを遠ざける」LINEのご法度

※ 可愛すぎだろっ!男性が「返信したくてたまらない」LINE

※ 彼に「早く会いたい」と思わせる!愛され女子のLINEテク