女性から甘えられたら、「可愛らしいな」と男性は思うものですし、ちょっとドキッとしたりもするはずです。

でも、間違った甘え方をしてしまうと、逆効果になってしまい、男性をイライラさせてしまったりもするでしょう。



出典:https://www.shutterstock.com

そこで今回は、男をイラッとさせてしまう“間違った甘え方”を紹介します。

 

■「誰にでも」甘えまくる

男性はプライドが高い生き物なので、そのプライドをくすぐるようにするのが上手に甘えるコツです。「○○くんにしかお願いできないの」なんて言われると、優越感も満たされてドキッともするはずです。

逆に、誰かれ構わずに色んな男性に甘えまくっているような女性には、イラッとするだけ。そんな女性には手を貸してあげようという気にならないですし、“軽そうな女”というイメージも持たれてしまいますよ。

 

■「人前」でベタベタしてくる

男性は人前でベタベタされるのがあまり好きではありません。それがいくら彼女であっても、時と場所を選ばずに甘えられたりすると、ちょっと引いてしまいますし、気持ちが冷めてしまったりすることだってあるでしょう。

特に、自分の友達の前でベタベタされたりしたら、男性はかなりイライラしてしまいます。いつでもどこでも甘えればいいというものではなく、2人きりのときに甘えられた方が、男性には可愛らしく見えるはずですよ。

 

■「自分でできること」もお願いしてくる

自分を頼ってきてくれる女性のことは、男性は助けてあげたいと思うものです。でもとはいえ、何でもかんでも甘えてやってもらおうとしてくる女性には、単純に腹が立ちますし、いいように使われているような気分にもなるでしょう。

自分でもできるようなことであれば、まずは自分でやってみるべきです。それでもできなかったら男性に甘えてみるというようにしないと、男性からしたらはっきり言って鬱陶しいだけ。面倒なことを押しつけているようにも見られてしまいますよ。

 

■ただの「ワガママ」になっている

“甘える”ということと“ワガママ”を履き違えてしまうと、男性に与える印象は正反対のものになります。ただのワガママになってしまったら可愛らしさなど全くなく、男性からは幻滅されてしまうのがオチでしょう。

「今すぐ会いに来て」と無理なお願いをしたり、仕事で忙しいのに深夜まで長電話をしたりと、自分の思いばかりをぶつけるのはNG。そんな間違った甘え方をしてしまうと、「この子とは付き合っていけないな」なんて思われてしまいますよ。

 

“甘え方”は一歩間違えてしまうと、男性を怒らせてしまうことだってあり得ます。自分のことしか考えていないような甘え方をしてしまうと、可愛らしさなんて全く感じてもらえませんよ。

【画像】

※  nd3000/shutterstock

【取材協力】

※ 20〜30代独身男性

【関連記事】

※ 最高の夏を楽しむために。大人女子が今から始めておきたい3つのコト(PR)

※ 血液型別「体目当ての男」が送るLINE【AB型はバーに誘いがち】

※ 騙されないで!「カラダ目当ての男」からのLINE対処法

※ さすがにウザすぎ…確実に「モテを遠ざける」LINEのご法度

※ 可愛すぎだろっ!男性が「返信したくてたまらない」LINE

※ 彼に「早く会いたい」と思わせる!愛され女子のLINEテク