本田移籍のメキシコ、開幕戦で若きGKが『やらかす』…

写真拡大

日本代表MF本田圭佑が移籍したメキシコ。今週から新シーズンが開幕している。

開幕戦、ティフアナ対クルス・アスル戦ではこんなシーンがあった。

クルス・アスルがコーナーキックからゴールに迫った場面。ティフアナのGKマヌエル・ラフド(23歳)がヘディングシュートを抑えきれず、無念の失点に。これは辛い…。

結局、クルス・アスルがスペイン人MFエドガル・メンデスの2ゴールで2-0で勝利する結果に。

開幕戦を落としたティフアナのヘルマン・コウデ監督は「あまりいい試合ではなかったが、我々は徐々に適応していった。取り組んでいかなかくてはいけないね」と述べていた。

ちなみに、ティフアナはオーナーの意向で選手が履けるスパイクの色が原則赤のみというチーム。GKのラフドも勿論赤だ。