「生ハムとルッコラの冷製サラダパスタ」 レタスクラブニュースより/プロ料理家:坂田阿希子 撮影:日置武晴

写真拡大

絶妙な塩加減と噛めば噛むほどでてくるうまみが特徴の生ハムは、パンにはさんでもパスタに合わせてもおいしい食材。混同しやすい「生ハム」と「プロシュート」ですが、プロシュートは燻製されていないハムを、生ハムは低温で燻製されているハムをさします。今回は生ハムをパスタに合わせていただく王道のイタリアンレシピをご紹介します。

ほかにもいろいろ!「生ハム」のレシピ

■ 【生ハムとルッコラの冷製サラダパスタ】(487Kcal、塩分4.8g)

<材料・2人分>

セロリと玉ねぎのマリネソース 1/2量、生ハム 50g、ルッコラ 1わ(約30g)、パスタ(フェデリーニやカペッリーニなど細いもの) 120g、塩、こしょう

セロリと玉ねぎのマリネソース(作りやすい分量・4人分・約650g) セロリ 2本、玉ねぎ 1個、レモン汁 大さじ4、塩、オリーブ油

<下ごしらえ>

1. セロリと玉ねぎのマリネソースを作る。セロリは斜め薄切り、玉ねぎは縦半分に切って縦薄切りにする。レモン汁、塩小さじ2を加えてもみ、オリーブ油大さじ6を加えて混ぜる。保存容器に入れて、冷蔵庫で約1週間保存可能。

<作り方>

1. ボウルにセロリと玉ねぎのマリネソースを入れる。生ハムを食べやすくちぎって加え、ざっと混ぜる。

2. 熱湯に塩適宜を加え、パスタを袋の表示どおりにゆでる。ゆで上がったら氷水につけて冷やし、水けをしっかり絞って、1に加える。塩、こしょう各少々をふり、ざっと混ぜ合わせる。器に盛り、ルッコラをちぎってのせる。

レモンとオリーブ油のソースと生ハムを合わせた冷製パスタ。さっぱりとしたレモンが生ハムのうまさを引き立てます。マリネソースは冷蔵庫に入れると約1週間保存可能で、サラダにかけても相性バツグンです。

■ 【生ハムときのこの濃厚クリームペンネ】

クリームと卵のまろやかさと生ハムのうまさがマッチしたペンネです。おもてなしにもぴったり。

■ 【生ハムのサラダパスタ】

バルサミコ酢の効いたソースとルッコラでサラダ風に仕上げたパスタ。粉チーズをたくさん入れると味わいがマイルドになります。

■ 【にんじんと生ハムのスパゲッティ】

やわらかくなるまで煮たにんじんのソースと生ハムのパスタです。にんじんの甘みに生ハムの塩味がアクセントになって美味。

■ 【レモンフェットゥチーネ生ハムとセロリのソース】

生地から作ったレモンフェットチーネをセロリのソースでいただきます。レモンと白ワインで爽やかな味わいに。

生ハムが「かたまり」の場合、表面を少し凍らせると切るのが簡単になりますよ。