コスモポリタン アメリカ版の人気男性ライターが、女子の悩みに本音で答える相談コーナー。今回の相談は、彼のことが好きすぎて他のことに手がつかず、そして心配性に悩んでいる女子。

Q.彼に異常なほどハマっています。少なくとも、自分ではそう感じています。お互いのスケジュールの関係で、彼と会えるのは週末だけです。彼と別れて帰るときは、とてつもないどん底な気分を味わい、胸が張り裂けそうになります。そして次に彼と会えるまでの期間は、精神が不安定な状態になるんです。自分にも生活があるし、気持ちを紛らわせるために友だちと会ったり、仕事をしたり、運動したり…いろいろなことをしても、すべては無駄な努力に終わります。彼に会うまで我慢しなければいけないお陰で慢性的な心配性にもなっています。次に彼に会う日を指折り数えつつも、彼は私と同じ気持ちでないことが分かっているので、頭がおかしくなりそうです。私の状態は異常なのでしょうか。またどうすればこのような状態から抜け出せるか、アドバイスをお願いします。

A.そもそも、何が正常で、何をもって"異常"にハマっているかを定義付けするのはナンセンスなことです。定義付けしたところで、どうなるというのでしょう? むしろ、自分が人生に対してどういう気持ちで向き合いたいのか、自問自答した方がいいでしょう。 平日ずっと「精神が不安定」で、「頭がおかしくなりそう」な状態で過ごして楽しいでしょうか? あなたが今の状態について悩み、その状況から抜け出したい、少なくとも、このような感情を今までとは違う方法で処理したいと願っていること自体は正しいことだと思います。

友だち付き合い、運動、趣味などで平日を健全に忙しく過ごしているようだから、もしかすると遠距離恋愛をしている人と同じようなジレンマを抱えているのかもしれません。人が楽しい時間を求めることはごく自然なことです。だから、好きな人と会えないことがツラい。それに、好きな人を失ってしまう恐怖心と戦うこともツラいもの。恋愛にはこの2つの恐怖が常に付きまとうものです。

それに、楽しいドキドキ感と不安なドキドキ感を区別するのは難しいのです。まずは何に対して不安感を感じているのか、分析してみましょう。彼に死ぬほど会いたいのか? 彼と別れるとき、彼と一緒にいられないから悲しいのか? または、彼と一緒にいない状況が怖いのか?

「どこでもドア」みたいな装置が現実に存在しない限り、簡単な解決法はないでしょう。でも、少なくとも、今の状況のツラさを軽減することはできます。例えば遠距離恋愛はツラいものだけど、心配事の種を会って直接打ち明けることができないと、さらに辛さが増してしてしまうもの。私がいないとき、彼は何をしているの? なんで私の電話にかけなおしてくれなかったの? 彼の<Instagram>の写真に写っていた女の子は誰? 内容が曖昧なメッセージの真意は何? 彼は今、どこにいるの?など…。

心配事は、内に秘めているほどムクムクと膨らみ、しまいには手がつけられなくなってしまう厄介者です。だから、自問自答してください。自分はこういった疑問を彼にぶつけることを避けているのではないか? 彼と真剣交際について真面目に話し合ったことはあるか? 2人が別々のとき、これ以上のことはしないとお互いに約束したか? 一緒じゃないとき、どの程度会話したり、メッセージを送り合うか話したか? 彼に対して、「気が狂うほど夢中になっている」ことを伝えたか? こういうことを率直に尋ねたら、彼が君と同じ気持ちだったということだって、あるかもしれないですよ。

家で定期的にやっていることの様に、彼と何かしらのルーティーンを作ってみるといいかもしれません。たとえば、週の半ばにスカイプで会話するとか、毎週金曜日にデートの確認をするとかは、どうでしょうか?

このような遠距離恋愛的不安感は時間の経過とともに改善される傾向にあります。これからずっと、君が「精神が不安定」だとか、「頭がおかしくなりそう」な状態でいるとは考えにくいでしょう。このような精神状態に慣れてきたら、あとは楽になる一方だから、今の状態は一時的なものだと気楽に構えましょう。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Rubicon Solutions, Inc.

COSMOPOLITAN US