学生の窓口編集部

写真拡大 (全3枚)

バイトの辞め方って意外と難しいものですよね。バイトを始めてみたものの、どうしても合わない、もしくは辞めなくてはならない事情ができてしまったなど、辞める理由はさまざまだと思います。しかしだからといって、一方的に辞めてしまうのはよくありません。そこで今回は、お互いに気持ちよく終われるバイトの辞め方をご紹介。バイトを辞める際の基本的なマナーや、上手なテクニックをご紹介します。

■辞めると決めたら意志を強く持つ

【性格診断テストまとめ】自分の隠された一面が丸わかり?!

バイトを辞めると決めて、上司などに話しても引き留められることがほとんどです。「シフトをもっと柔軟にするから」「回数を減らしても構わないから」など、さまざまな対応策を講じて引き留めようとしてくれるでしょう。

しかし一旦は辞めると決めたバイト。引き留められたからといって続けていたのでは優柔不断な人物と思われてしまいますし、人間関係もぎくしゃくしがちです。辞めると決意したら、意志を強く持って、直属の上司にそのことを伝えるようにしましょう。説得されたり引き留められたりしない辞める理由を考えておくことも大切です。


■上手なバイトの辞め方・タイミングなど

辞めることを店長や支配人など直属の上司に上手に伝えるためにはどうしたらいいのでしょうか。まず大切なのが言い出すタイミングです。お客さんの多い時間帯だったら、「ちょっと後にして!」と言われてしまいます。とはいえ、ミーティング中や会議中、その前後も不自然です。もっとも話しやすいタイミングは、仕事が終わって一段落している空白の時間帯。「店長、少しお話ししてもよろしいでしょうか?」などと切り出してみましょう。

バイトを辞める際には、法律上、2週間前に経営者側へ告知する義務があります。しかしコンビニエンスストアや飲食店では、シフトに沿ってスタッフが交代で働いているはず。そのため、少なくとも1ヵ月前には伝えるのがマナーです。

辞めるタイミングは、給料計算がしやすい締め日に合わせるのがオススメ。中途半端な給与をもらうために店へ足を運ぶ、またはもらいそびれるといった事態が防げます。


<バイトの辞め方・上手な話し方の例>

あなた「店長、今少しお時間よろしいでしょうか?」
店長「はい、何かあった?じゃあオフィスでね」
あなた「実は、就職活動が忙しくなってしまいまして、バイトを辞めさせていただこうと思っています」
店長「就職活動って、君まだ2年生だろう?」
あなた「はい、インターンなど2年生の後半から本格的な就職活動がはじまるので、バイトを辞めさせていただきます」
店長「そうか、じゃあ、仕方ないね。○○月○○日まではいてくれるの?」
あなた「はい、今月のシフトはもう決まっているので、○○月○○日まで働かせていただきます。辞めるのは○○月○○日以降ということになります。よろしくお願い致します」
店長「もっと続けてほしかったけど、就職活動だったら仕方ないね。就職活動頑張ってね」

あなた「はい、長い間、本当にありがとうございました。失礼致します」


■大義名分のある上手な辞め方「話し方事例集」

やむを得ずバイトを辞める場合は仕方ありませんが、バイトが苦痛なので辞めたい、他にいいバイトが見つかったので辞めたいといった場合には、正統な辞める理由を考える必要があります。引き留められない、また説得されず「それは仕方ないね」と納得してもらえる理由を考えましょう。ここで、いくつか例を挙げておきます。


<上手な辞め方1 勉強に力を入れたいと思います>

あなた「支配人、今少しお話ししてもよろしいでしょうか?」
支配人「いいよ、どうしたの?」
あなた「生活のためにこちらで長い間お世話になりましたが、しばらくの間、お金の心配がなくなったので、大学の勉強に力を入れたいと思っています。それで、今月のシフトが終わったら辞めさせていただきたいのですが」
支配人「そうなの……お金の心配をもうしなくてもよくなった? 確かに勉強することが学生の本文だからねえ、わかったよ」
あなた「お世話になってばかりで、勝手なことを申してすいません。○○月○○日までは責任を持って働きます。では、そういうことで、よろしくお願い致します」


<上手な辞め方2 授業が忙しくなったので辞めます>

あなた「店長、少しお話ししてもよろしいですか?」
店長「今だったらいいよ。どうしたの?」
あなた「店長、誠に申し訳ございませんが、2年の後期から授業が忙しくなり、バイトが厳しくなります。それで、今は入っているシフトが終わり次第、辞めさせていただきたいのですが」
店長「シフトの回数を減らしてもダメなの? シフトだったら柔軟に対応してあげるよ」
あなた「はい、お気持ちはありがたいのですが、この際、バイトを辞めて授業に集中したいと思っています」
店長「そうなの、だったら仕方ないね。また、バイトできる状態になったら、連絡してね」
あなた「はい、またバイトができるようになったら、お世話になります。では、失礼いたします」


<上手な辞め方3 バイトをする必要がなくなったので辞めます>

あなた「係長、今、少しお話ししても大丈夫でしょうか?」
係長「はい、今だったら大丈夫ですよ、何かあったの?」
あなた「長い間お世話になりましたが、しばらく学業に集中できるお金が貯まったので、バイトを辞めて大学の勉強に力を入れたいと思っています」
係長「え! 辞めちゃうの? バイト」
あなた「はい、今月のシフトが終わったら辞めさせていただきます。長い間お世話になりました」
係長「まあ、仕方ないね。勉強の方、頑張ってね」


<上手な辞め方4 就職活動が忙しくなるので辞めます>

あなた「○○さん、今お話しできますか?」
上司「今だったら大丈夫だよ、どうしたの?」
あなた「実は今年、3年生になるのですが、3年から就職活動が忙しくなってしまい、バイトとの両立が難しくなるので、辞めさせていただきたいと思っています」
上司「え! そうなんだ。バイトと両立できないの? 回数は減らしてもいいからさ」
あなた「はい、お気持ちはありがたいのですが、どちらも中途半端になってしまって、かえってご迷惑をおかけすることになるので、この際、就職活動に集中したいと思います。勝手なことを言って申し訳ございませんが、どうかご了承ください」
上司「そうなんだ……だったら仕方ないね。じゃあ、就職活動頑張ってね。応援しているからね」
あなた「はい、ありがとうございます。では○○月○○日までシフトに入っているので、それまでは責任を持って仕事をします。よろしくお願いいたします」


<上手な辞め方5 違う分野のバイトに挑戦したいから今のバイトを辞めます>

あなた「店長、今少しお時間よろしいでしょうか?」
店長「ああいいよ、どうしたの?」
あなた「はい、今大学で教育学の勉強をしておりまして、将来は教師の道に進みたいと思っています。それで、塾講師のアルバイトをしたいと思っているんです」
店長「そうなの、で、いつから塾講師のバイトをするの?」
あなた「はい、知り合いがやっている塾講師の口を紹介してもらいました」
店長「ああそうなの。だったら将来のこともあるだろうし、仕方ないね。辞めるのは、今月のシフトが終わってからでもいいの?」
あなた「はい、今月のシフトが終わってから辞めさせてもらいます。○月○日までは、こちらでお世話になります。よろしくお願いいたします」



■この辞め方はNG!

ここまで辞める際の伝え方などを取り上げてきました。逆に、以下に挙げるような辞め方は、トラブルの火種にもなりますので避けましょう。


<嘘をつくこと>

大義名分のある辞め方を考えることは大切ですが、あからさまなバレる嘘を理由にしてはいけません。嘘をついたばかりに、店の前を通れない、店の近くに行けないといった、生活に支障をきたすような事態は避けましょう。

「家族が病気になったから看病のために辞めます」
「留学することになったのでバイトを辞めます」

本当だったら仕方ありませんが、嘘をついているのでしたら、相手に対して失礼です。また、自分もやましい思いをしなくてはなりません。辞めたバイト先の店長と街でばったり出会っても、やましい思いをせずに堂々と話せるようにしておくことが大切です。


<無断欠勤からそのまま音信不通になる辞め方>

一番いけないのは連絡もなく、そのままいなくなる辞め方です。バイト先のお店は、シフトの組み直しや新しい求人の募集などで大変なことになります。また、そのような辞め方をする人は、周囲から信頼をなくします。学生のうちは、まだ大目に見てもらえるかもしれませんが、社会人になったら、そういうマナー違反は許されません。

また、連絡もしないで辞めてしまったのでは、バイト先に近づけなくなったり、避けて通ったりと、その人の世界がどんどん狭くなってしまいます。現代は、フェイスブックなどのSNSですぐつながってしまう時代なので窮屈さはなおさらです。


<一方的な連絡だけの辞め方>

一方的に電話連絡だけして辞めてしまう人もいます。このようなバイトの辞め方もマナー違反です。バイト先のお店では、シフトの穴を急きょ埋めなくてはいけません。また、新しいバイトも募集しなくてはいけません。バイトとはいえスタッフとして働いているので、店の一員として責任があることを自覚してください。

人間関係でトラブルを起こし、その勢いで飛び出すような辞め方もNG。トラブルを起こしたら、話し合ってお互いに和解してから辞めましょう。


■バイトの上手な辞め方まとめ

ここまで、バイトを上手に辞める方法やそのタイミング、基本的なマナーについてまとめてみました。バイトを辞めなければいけなくなったときは、今回ご紹介したテクニックを活かして辞めるようにしてください。

バイトといっても社会の一員。無責任な辞め方をしていたのでは、社会的な信用がなくなってしまいます。下手なバイトの辞め方をしたばかりに、うしろめたい思いする羽目になった……そんな事態だけは避けるようにしましょう。

執筆:山下正之助(ナレッジ・リンクス)