radikoのタイムフリー聴取画面

写真拡大

いまラジオがおもしろい。2010年から始まった「ラジコ(radiko)」では、パソコンやスマホから登録不要かつ無料でラジオを聴けるようになった。さらに2016年からはお勧めしたい時点の音声をシェアできる仕組みを追加。いわば一番おもしろい「大トロ」の音声を無料で配る試みだ。なぜラジオ業界はネットでの発信に力を入れているのか。株式会社radiko代表取締役社長・青木貴博氏に聞いた。

――2016年10月から、過去1週間以内に放送された番組を後から聴くことができる「タイムフリー聴取機能」が搭載されました。半年以上たちましたが、現在までに、どのくらい利用されているのでしょうか?

【青木】開始直後の10月は、1カ月で150万人の方に利用していただきました。それからも順調に伸び、最新の数字だと利用者は月240万人ほどになっています。テレビは録画が主流ですが、ラジオは昔のような録音(オンエアチェック)という文化が一般的には薄れつつあるため、タイムフリー機能によってリスナーの利便性が向上したのではないかと思っています。

――ユーザーからはどんなリアクションがありましたか? いちユーザーとしては、タイムフリーで聴けるのが「過去1週間以内」で「聴取可能時間は3時間」という制限は、少し使いづらいように感じているのですが。

【青木】定期的にユーザーアンケートを行っていますが、「過去1週間以内に放送された番組」という期限については、短いという意見はほとんどありません。ただ、聴取可能時間が3時間という制限については、改善してほしいという意見はあります。

■「ラジオはおじさんメディア」を払拭する

――同じタイミングで、URLを共有することでオススメの番組を聴いてほしい時点から聴いてもらえるシェア機能も実装されています。こちらの手応えはどうでしょう?

【青木】シェア機能実装の大前提として、若年層を取り込もうという考えがあります。若者はテレビを見なくなり、新聞も読まなくなっているのでラジオだけの問題ではないですが、その時間をどのようにラジオに向けさせるかが課題になっています。そう考えたとき、やはりSNSによる友達とのコミュニケーションが若者の生活の中心にあるので、そこに入っていかなければラジオを広めることができません。

SNSの利用時間は10代の平日で117.4分、20代の同じく平日で91.1分になっているそうです。そこでの会話に、ラジオの話題を入れてほしい。実際、実装後は月に5万回ほど、SNSやメールでシェアされています。友達から「このラジオ、おもしろいよ」と勧められれば、番宣以上に説得力があるかもしれない。そもそも、ラジオになじみが薄い若者は、番宣を聴きませんからね。

また、「ラジオはおじさんメディアでダサい」というイメージが一部にはあるため、そういう印象を払拭するのもラジコの役割のひとつだと思います。コンテンツとしては素晴らしい番組がたくさんあるので、特にラジオになじみが薄い層に、ラジオの魅力を知ってもらおうと、日々奮闘しているところです。

――では、ラジコユーザーの平均年齢は以前よりも下がったのでしょうか?

【青木】いえ、平均44.4歳で、以前よりも上がっています。2010年にローンチしたときは、平均40歳を切っていました。ユーザー数が増えて、若い層だけではなく、幅広い年齢層に対して徐々に浸透してきた証拠でしょう。もともとラジオに親和性が高い50代より上の層に、スマートフォンが普及したことが大きいと思います。

――タイムフリーにしろシェア機能にしろ、聴取のきっかけを増やす狙いがあるということですね。

【青木】シェア機能の、お勧めしたい時点の音声をシェアできる仕組みには、すごくこだわりました。放送局からしてみると、「一番おいしい大トロの部分を取られてしまう」というような意識もあったかもしれないですが、まずは大トロでプロモーションしないといけない。せっかくのラジオを聴いてもらえるチャンスに、まずは「この瞬間、一番脂が乗ったおいしい大トロ」を聴いてもらったほうが効果あるはずです。

――ラジコで取得している「聴かれ方」のデータは、放送局にフィードバックしているのでしょうか?

【青木】もちろんしています。放送局にとっては、ものすごく参考になるデータだと思います。ラジコは1分ごとに、ライブでデータを取得することができます。管理システムを放送局に提供していますので、スタジオで番組を生放送しながら、「現在、何人が聴いているのか」なんてこともわかってしまう。

ラジオの聴取率調査はアンケート方式ですし、2カ月に一度しか調査を行いません。その点、ラジコはほぼリアルタイムでデータを取得できるので、例えば「どのコーナーが人気か」を実感することもできます。

――試験的にNHKのラジオをラジコで配信するという報道も出ていますね。

【青木】過去6年間、NHK・民放連共同ラジオキャンペーンを年1回やっていて、7 回目となる本年度は、現在そうした内容を前向きに検討中です。NHKとラジコが一緒になることで、ユーザーの利便性は高まりますし、キャンペーン自体のPRもしやすくなりますね。

■目指すは“オーディオプラットフォーム”

――今後、ラジコが目指す方向性は、どのようなものなのでしょうか?

【青木】将来的には「オーディオプラットフォーム」を目指すべきと思っています。「ラジオプラットフォーム」ではなく、「オーディオプラットフォーム」とあえて掲げているのは、音声コンテンツはラジオだけではないからです。もちろん、ラジオが中心です。でも、音楽だって音声ですよね。権利さえクリアできれば、1年前のラジオだって聴けるようになるかもしれない。「ラジコにアクセスすれば、いろいろな音声が楽しめる」といった感じになればいいと思っています。

タイムフリーにしても、有料で全国のラジオ局を放送エリア外でも聴くことができるエリアフリー(14年4月から実施)にしても、“聴き方”についての間口は広げていきました。しかし機能性でいうと、ほかのショッピングやグルメサイトにあるような「レコメンド機能」がまだありません。A局を聴いているリスナーに、好みそうな番組であればB局の番組でも勧めていく。さまざまなアプリと可処分時間を取り合う戦場の中では、必要なことだと思っています。

――音声コンテンツならではの魅力とは、どのようなものだと思いますか?

【青木】やはり「想像力」だと思います。映像と比べて、音声のほうが聴き手の想像力を駆り立てます。「音声コンテンツを聴いて想像力を豊かにするのは楽しいことなんだ」と再認識してもらえるようにしたいと思っています。

また、先ほど20代が平日に1時間半ほどSNSを利用していると指摘しましたが、可処分時間の取り合いということだと、音声コンテンツは通勤時間などの移動時間や、待ち合わせなどの隙間時間にも聴きやすいという利点があります。タイムフリーなら「追っかけ再生」ができますので、たとえば、早朝の番組を自分の通勤時間に合わせて聴くことができる。実際、私もそうやって利用しています。特に通勤電車は混雑しているので、画面を見る必要のない音声コンテンツは本当に便利です。

――確かに、朝のラッシュ時は本も新聞も読む余裕がないので、手を使わずに情報を手に入れられる音声コンテンツは便利です。

【青木】そのほか、お風呂につかっている時間だったり、ジムでトレーニングしている時間だったり、料理を作っている時間だったり、“ながら”でもいろいろな楽しみ方があります。しかもタイムフリー機能を使えば、聴き逃した番組を1週間以内ならいつでも聴ける。この記事を読んで、「なるほど、そういう使い方があるのか」と気づいてもらい、周囲にも共有してもらえるとうれしいです。

これから日本にも、Google HomeやAmazon Echoといった人工知能の音声認識にかかわるデバイスが上陸すると噂されています。人がコンピューターと音声でコニュニケーションすることが普通になっていけば、音声に対する距離が近づくはず。そうなったときに音声コンテンツとの距離も縮まり、ラジオの存在感が増すことは十分に期待できます。ラジコを通じ、音声コンテンツがより強くなっていく未来にしていきたいです。

(radiko代表取締役社長 青木 貴博 構成=宮崎智之)