アメリカのサンフランシスコに住んでいるジェシー・チャー(@jessiechar)さんは、ある日飛行機に乗ることになりました。

自分の座席に着いたジェシーさんは、歓喜します。

(ラッキー!この列、ほかに誰もいないわ!)

なんと、ジェシーさんの座っている列は、自分の座席以外空席だったのです。

「両隣を気にすることもなく、快適な空旅が楽しめそう!」…そう思ったジェシーさんは、列の肘置きをすべて上げ、『ベンチ気分』を味わっていました。

飛行機で見た『とんでもない客』

飛行機が離陸し、自分の座席でのんびりとしていたジェシーさん。

そんな中、信じられない光景を目にします。

なんと、後ろの列の乗客が足を伸ばし、肘置きを倒して足を乗せたのです。

常識外れの行動を目の当たりにし、ジェシーさんはビックリ!

「悪夢だわ…」

さらにこの乗客は、左足で窓のサンシェードを開け始めます。ジェシーさんは、あまりの非常識さに言葉を失いました。

「自分もやられたことあります」という声も

ジェーンさんの投稿に対し、多くの人から怒りのコメントが寄せられました。中には「似たような経験があります」という声も…。

これはひどい。客室乗務員を呼んでもいいレベルですね。自分も、以前これと同じことをやられました!後ろの座席から足が出てきて…。以前、私の座席のテーブルに足を乗っけてきた人がいました!信じられない…私だったら、本人に直接怒鳴ります。

足を伸ばした乗客からすると、「前の座席に人がいないから、いいや」という気持ちだったのかもしれません。

ですが、いくらその席が空席だったとはいえ、同じ列には別の乗客がいます。また、お世辞にも行儀がいいとはいえません。

「自分の行動を第三者視点で見ると、どう感じるか」…それを心がけて、人に迷惑をかけず生きていきたいものです。

[文・構成/grape編集部]