EntamePlex

写真拡大

吉川晃司が7月21日、日本武道館にて『KIKKAWA KOJI LIVE 2017 “Live is Life”』を開催した。

ツアー・タイトルの“Live is Life”は「ステージの上こそが人生の本番」と明言している吉川の音楽に対する姿勢を象徴する言葉だ。アンコール時のMCで、武道館の3日前の検査で喉のポリープが見つかったこと、頃合いを見てポリープ除去の手術を受ける予定であることも吉川本人の口から発表され、一瞬、会場内がざわつく場面もあったのだが、これはこれから先、さらにパワー・アップしていくための整備のようなものでもあるだろう。この日も客席の不安や心配を吹き飛ばしていくようなエネルギッシュでダイナミックなステージが展開された。



メンバーは昨年のツアーに引き続いての参加となる生形真一(G)、ウエノコウジ(B)、湊雅史(Dr)、ホッピー神山(Key)に加えて、長年吉川のライブサポートを務めてきたTHE YELLOW MONKEYのメンバーであるEMMAこと菊地英昭(G)が復帰。

オープニング・ナンバーのイントロが鳴り響くと、会場内から大きな歓声と拍手が起こった。真夏の夜のステージの幕開けにふさわしい躍動感あふれるダンス・チューンでのスタート。今回のツアーは、代表曲、人気曲、レアな曲、初期の曲、COMPLEX時代の曲などを散りばめたバラエティーに富んだ構成となっていて、特徴的なのは7月から9月にかけての夏のツアーでもあり、夏の曲、開放感あふれる曲、夏のせつなさが漂う曲などが数多く選曲されていたことだ。久々に演奏される懐かしい曲に大歓声が起こる場面もたびたびあった。が、今の吉川の歌声とバンドの骨太な演奏によって、どの曲も新鮮な表情を見せる。



初期の夏の代表曲のひとつ、「LA VIE EN ROSE」では爽快感あふれる歌声とスケールの大きな演奏に会場内が湧いた。エンターテインメント性の高いステージでありながら、尖ったロック精神が健在であることを実感したのは「SAMURAI ROCK」。ファイティング・スピリッツあふれる歌声、エッジの効いたギター・サウンドが会場内を熱くしていく。幸か不幸か、警鐘を鳴らすような歌詞が今の時代ともシンクロしていく。ちょっとした曲間に、湊がリズムで茶々を入れたり、ホッピー神山が謎のサウンドを繰り出したり、音によるジョークの応酬があるところも楽しい。吉川とメンバーとの信頼関係の深さも見えてくる。集中することとリラックスすることとが両立しているところも素晴らしい。

イントロが鳴り響いた瞬間にハンドクラップが起こったのはCOMPLEXの「1990」だ。吉川のタフな歌声とスケールが大きくて、ダイナミックなバンドの演奏が気持ちよく響いてきた。生形とEMMAのニュアンス豊かなギターのかけ合いも見応えがあった。どの曲もギター、ベース、ドラム、キーボードがより有機的なアンサンブルを生み出している。

中盤では、ホッピー神山のキーボード・ソロを導入部として歌われた「すべてはこの夜に」など、吉川のボーカルとホッピー神山のキーボードでじっくり聴かせる場面もあった。この曲がリリースされたのは1986年。すでに30年以上の年月が過ぎている。歌声に込められたせつなさやいとしさはさらに深くなっている。こうした“静”の曲でも吉川の歌い手としての表現力の豊かさを堪能することができる。



「SPEED」からの後半は一転して、“動”の展開。ウエノのベースがうなりをあげていく。バンドが一体となって、疾走していく。赤いライトで照らされたスモークがまるで炎のようだ。曲によって、吉川がギターを弾く場面もあった。パワフルなナンバーがこれでもかと繰り出されていく。猛暑を吹き飛ばすほどのエネルギッシュなパワーがほとばしったり、会場内が一体となって、シャウトしたり、シンガロングしたり、踊ったり、夕涼みの気分を堪能したり、吉川晃司の夏バージョン・ライブは唯一無二の輝きを放っていた。

アンコールで登場すると、冒頭で述べたように、いきなり吉川から衝撃的な報告があった。

「去年の春に声帯に結節ができたんですよ。ピアノで言えば鍵盤が4つ5つ壊れた状態。今回のツアーに入って、武道館の3日前にちょっと喉を診てもらっておくかと思い、病院に行ったら、ポリープになっていた。放っておくと、壊れた鍵盤の数が増えて、歌い手生命が危うくなるので、主治医の先生と相談して、切ってもらうことにしました。そうすると、3ヶ月から半年は歌えなくなるので、今年のツアーが終わったら、頃合いをみて、ということになるので、よろしくお願いします」

不確かな情報が拡散しないように、直接自分の言葉で報告したかったということ。だが、心配をあおるのは本意ではないだろう。吉川はこれまでも骨折したこと数知れず、様々なケガを乗り越えて、傷だらけになりながら、33年間走り続けてきている。アンコール2曲目の「Over The Rainbow」を歌う前のMCではこんな発言もあった。

「ポセイドン・ジャパンに書いた曲で、オリンピックのテーマソングなんですが、自分のテーマソングでもあるんですよ。2020年までこの曲に恥じない人生を送らなきゃいけない。オリンピックの時、ピンピン歌っているだろうしね」



そしてさらにもう1曲、客席との交流を深めていくような愛に満ちたナンバーを披露。そのアンコール・ラストの曲が終わったところで、「また笑顔の再会をよろしく! 全国ツアー、行ってきます」と挨拶して、締めのシンバルキックへ。が、ライブで完全燃焼したのか、5度連続で空振りして、やり直す場面もあった。それだけライブの終わるのが名残惜しかったということかもしれない。七転び八起きならぬ、五転び六起き。「こんなこともあらあな」と吉川。何度も立ち上がってきた吉川らしいエンディングでもあった。

Photo by 平野タカシ