「プロデュース101」シーズン2出演のNU′ESTのJR&レン“僕たちだけでなくファンも一緒に花道を歩いてほしい”

写真拡大 (全2枚)

NU'ESTのメンバーJR(以下キム・ジョンヒョン) とレン(以下チェ・ミンギ) が Mnet「プロデュース101」シーズン2以降の近況を公開した。

キム・ジョンヒョンとチェ・ミンギは最近マガジン「@star1」の2017年8月号を通じて公開されるグラビア及びインタビューを行った。

撮影後に続いたインタビューでチェ・ミンギは「Mnet『プロデュース101」シーズン2以降どのように過ごしていたのか」という質問に「ファンのことを思いながら過ごした」とし「今まで生きてこれたのはやはりファンのおかげだということにもう一度気づいた」とファンに対する愛情を示した。

キム・ジョンヒョンも「ラブ(ファンクラブ) の方々とブギ(カメールの韓国語の発音で、彼の愛称) 団の方々の愛情と関心のおかげで放送後も幸せだった」とし「その関心と愛情に応えるために、一生懸命に作業中だ」と次のアルバムに対する期待を高めた。

またキム・ジョンヒョンは「Mnet『プロデュース101」シーズン2以降周囲の反応がかなり変わったのではないか」という質問に「実はまだ実感が沸かない」とし「今の状況と音源の逆走行など、全て夢のようだ」と感謝を伝えた。チェ・ミンギは「うちのメンバーだけでなく、ファンも一緒に花道を歩いて欲しい。一生懸命頑張る」と抱負を語った。

最後に「初めてビューティー広告を撮影した感想と、チャレンジしてみたい広告があるのか」という質問にキム・ジョンヒョンは「初めて広告を撮影することになって嬉しい。飲料水のモデルがどうかなと思っている」とし「飲料水を飲むことが好きなので、僕がモデルになれば飲むたびに嬉しくなると思う」と恥ずかしそうに笑った。続いてチェ・ミンギは「僕は服に興味が高いので、アパルレルブランドあるいは成人になったので酒類広告に一度チャレンジして見たい」と答えた。