登坂広臣

写真拡大

三代目J Soul Brothersのボーカリスト登坂広臣がソロプロジェクトを始動! 同時に7月27日にデジタル・シングル「WASTED LOVE」をリリースすることが発表された。

[動画]三代目JSBの岩田剛典、登坂広臣らが思い語る/『HiGH&LOW』

記念すべき、第1弾デジタル・シングル「WASTED LOVE」は、世界のトップDJ/音楽プロデューサーで、三代目J Soul Brothersのヒット曲「Summer Madness」のプロデュースも担当しているAfrojackとの共同プロデュースで制作! EDM・TRAP MUSIC・HIP HOPなどのクラブミュージックを基盤としたポップミュージックで登坂がアムステルダム(オランダ)でAfrojackとともにトラックまでもこだわり、作詞も手掛けた渾身の1曲になっている。

さらに、登坂の象徴的な存在となるシンボルマークも同時解禁。このシンボルマークのデザインは、三代目J Soul Brothersのアルバム・ジャケットやツアーロゴなどのデザインを手掛けてきたmo’design inc.の溝口基樹氏によるもの。登坂の美しくも妖艶な世界観が表現されており、このシンボルマークは登坂の象徴的な存在となっていくという。