アレクサンダル・コラロフがローマに移籍

写真拡大

 ローマは22日、マンチェスター・シティからDFアレクサンダル・コラロフ(31)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2020年6月30日までの3年間。移籍金は500万ユーロ(約6億5000万円)と明かしている。

 左足キックの精度が高く、攻撃能力が高い左サイドバックは、母国リーグのチュカリチュキでキャリアをスタート。ベオグラード、ラツィオを経て2010年7月にシティと契約を結び、在籍した7シーズンで公式戦243試合に出場し、21得点を記録していた。

 コラロフはクラブ公式サイトを通じ、「ローマに加入することができて嬉しく思っている。僕の目標は常に勝利することだ。ローマのために全力を尽くすことを約束するよ」と新天地での活躍を誓った。

 なお、今夏サイドバックの補強が急務のシティは、すでにトッテナムからDFカイル・ウォーカーを獲得しているが、新たにレアル・マドリーのDFダニーロ、モナコのDFベンジャミン・メンディの獲得に迫っている。


●欧州移籍情報2017-18

●セリエA2017-18特集

●プレミアリーグ2017-18特集