夫のみきくん、犬や猫、鳥たちと暮らす、漫画家の幸宮チノさん(ちーちゃん)の物語。

『遺品整理業』のみきくんは、部屋に残された、故人の遺品を処分する仕事を請け負っています。

誰にも知られず、1人部屋で亡くなってしまった『孤独死』したかたの遺品と共に発見されるケースがあるのが、ペットです。

飼い主が亡くなり、エサや水を与えてもらうことができずに餓死してしまった例が多いのだとか。

この日も、みきくんは故人のペットと思われる姿を見つけます。

ね、猫耳〜!!!

猫でなくてよかった、と考えることにしましょう。

そう、想像もしなかった困難に向き合い続けなくてはならないのが、遺品整理業の現場なのです。

みきくんを待ち受ける、過酷な現場がここにもまた1つ。

きついけど、めっちゃ達成感をおぼえる現場

思わずガッツポーズ!!

精神的にも肉体的にも厳しい仕事だからこそ、小さな達成感をもモチベーションにして頑張っているみきくん。

今日もお疲れ様でした!

幸宮チノ 『遺品整理業の夫』シリーズ記事一覧

[文・構成/grape編集部]

漫画:幸宮チノ

ドラクエとかお茶とか西武ライオンズとかTRPGとか好きな漫画描く主婦。Twitterアカウントは@chino_y。
⇒幸宮チノ 記事一覧