「無光の空間」を表現するシチズンの限定モデルは息を飲む美しさ

写真拡大

シチズンのCAMPANOLA(カンパノラ)は、時を愉しむための機能を先端の技術で美しく表現したウォッチブランド。そのカンパノラから、光が存在しない黒の世界<無光の空間>をテーマに、2つのオールブラックモデル「コスモサイン」「ミニッツリピーター」が数量限定で8月16日に発売されます。

両モデルとも、ガラスに隔てられた文字板上のスペースに、テーマである<無光の空間>を表現。反射することなくすべての色を吸収する“黒”を基調にしており、カンパノラらしい独創的なデザインが美しい。外装には独特の艶と暗い輝きを生み出すデュラテクト1DLCをケースに採用することで、世界観をより豊かに表現している。

デュラテクト1DLCは優れた耐摩耗性を誇り、その輝きを保ってくれる。また立体的なドーム状のサファイアガラスには99%クラリティ・コーティングを施して反射を抑え、文字板を見やすくするなどの工夫も。バンドには竹斑仕様の高級ワニ革を採用している。

 

▼コスモサイン

「コスモサイン」(32万円 税抜き)は時の起源である天体の運行を、細部に至るまで精密にレイアウトされた星座盤によって表示。北緯35度において見られる4.8等星以上の恒星1027個、アンドロメダ銀河やオリオン座大星雲などの星雲・星団など166個を正確にレイアウトするこだわりよう。14版に及ぶ精密な印刷によって表示し、満天の星をリアルに再現している。

 

▼ミニッツリピーター

「ミニッツリピーター」(40万円 税抜き)は日本庭園の粋である水琴窟にヒントを得ており、水滴が生み出す琴の音に似た、透明感と深みのある音色を高低2種類の音で奏でる。文字盤のデザインは、地中の甕の底にたまった水面に滴が落ちてできた波紋がモチーフ。再現精度の高い“電気鋳造”により緻密なパターンを美しく仕上げている。

「コスモサイン」は350本、「ミニッツリピーター」は200本と、いずれも数量限定。手首に“宙空の美”を装うのも、悪くない。

>> シチズン「CAMPANOLA」

 

(文/&GP編集部)