あなたの布団のダニ対策は万全ですか?わたしたちが毎日使用している布団の中には、実に数十万匹以上のダニが存在しているといわれています。これほどの数のダニを放置していれば、毎日ダニの海の中で眠りにつくようなものであり、様々な健康被害をこうむることにもなりかねません。そうならないためにも布団のダニの駆除はしっかり行っておきたいところ。そんな布団に存在するダニの駆除のやり方について紹介したいと思います。

布団のダニを放置しているとどうなる?

布団のダニを長期間放置していると様々な健康被害をこうむることとなります。具体的にはかゆみや湿疹、鼻炎、喘息、アレルギーといった症状です。ダニによる健康被害は全て生きたダニによるものと思われがちですが、何も生きている状態のダニだけでなく、ダニの死骸や糞においても健康被害の原因となることで知られているのです。そのため布団のダニの健康被害から身を守るには、布団に存在する生きたダニ、ダニの死骸、糞全てを除去する必要があるということです。

ダニの駆除に天日干しは不十分!?

巷でよく耳にするのが、布団は洗濯した後に天日干しすればダニを除去できるという情報。間違いではありませんが、ダニを除去する上でははっきり言って不十分です。ダニは一日中水に浸けておいても、天日干し程度の温度下に長時間置いておいても死滅しません。なので布団を洗濯して天日干しだけ行ってもダニは残っているのです。

生きたダニの除去には高い温度が効く

ではどうすればいいのかといいますと、ダニは50度以上の環境下で死滅することで知られているので、50度以上の温度で布団を温めてあげるのです。具体的にはアイロンの高温スチームを布団全体に満遍なくあてる、コインランドリー等の布団用洗濯機で乾燥機にかける、といった方法。これであれば50度以上の環境下で布団を温めることができるので、しっかりとダニを死滅させることができます。

もちろんダニの死骸や糞を残さないために布団の洗浄、掃除機をかけるといった作業は怠らないように。これらの方法で生きたダニ、ダニの死骸、糞全てを除去しておけば布団のダニ対策はバッチリでしょう。今まで洗濯や天日干ししか行っていなかったあなたは、もう一度ダニ対策を省みてはいかがでしょうか。 (屋内の基本的なカビ対策)


writer:サプリ編集部