有村架純の胸がEカップに!艶シーンを経験して急成長していた!?

写真拡大

 7月18日、映画「関ヶ原」の完成披露イベントが行われ、主演の岡田准一や有村架純らがステージに立った。

 有村は、岡田演じる石田三成が愛するくノ一「初芽」を演じている。

「この日の彼女は黒のノースリーブワンピース姿。衣装から飛び出した二の腕がムチっとして、健康的な美を感じさせましたね。でもそれ以上に目を引いたのは、豊かに膨らんだ胸。服の上からでも大きくなっているのがわかりました。おそらくEか、ひょっとするとFはあるのではないでしょうか」(取材カメラマン)

 有村が5月にインスタグラムに投稿したトレーニング中の写真では、胸が小さくなっているように見え、Bカップ程度まで落ちていると噂されたこともあったが、無事に豊かな胸を取り戻したようだ。

「10月公開の映画『ナラタージュ』では嵐の松本潤との濃密な艶シーンに挑戦しているようです。また、『関ヶ原』ではくノ一の役ということもあり、色香で敵を籠絡するシーンがあるかもしれません。これまでにない艶シーンが彼女の胸の盛り上がりを加速させているのかもしれませんね」(週刊誌記者)

「関ヶ原」は8月26日公開。「天下分け目」ならぬカスミンの「胸の分け目」が拝めることを期待しよう。