開く方向でサイズを使い分けられる機能的なメモが便利です

写真拡大 (全5枚)

文具ブームは依然として続いており、実用的なものからお洒落なもの、便利なアイデア商品など、さまざまなタイプのアイテムが登場しています。その中で注目したいのが、マルモ印刷の「MEMO BOOK(メモブック)」。一冊で3種のメモを使い分けできる、便利な複合型メモパッドです。

「MEMO BOOK」(648円)を発売するのは、香川の印刷会社・マルモ印刷。確かな印刷&加工技術を活かして、メモやファイルなどのオリジナルステーショナリーを開発しています。地理・地形・地球をテーマにしたプロダクトシリーズ・geografia(ジオグラフィア)は、オーサグラフという世界地図の図法が2016年グッドデザイン大賞を受賞するなど、各方面から高い評価を得ています。

この優れたアイデアとそれを実現する技術力によって生まれた「MEMO BOOK」もスグレモノ。

まず、表面と裏面の両面に表紙を持ち、どちらからでも使えるようになっているのが大きな特徴です。そして中には、使用頻度の高いA6サイズのメモとA7サイズのメモがそれぞれ50枚、そして、しおりやインデックスにもなる<A7ダイカットスタンドメモ>が50枚が一冊に。開く方向によって使い分けできます。

もちろん印刷会社だけに紙にもこだわり、書きやすく裏抜けしにくい用紙を使用しているので、書きやすさもバツグン。

これなら、社内の電話を取った際にメモをして、その伝言をスタンドメモに書き込んで担当者の机の上へ……といった便利な使い方ができそうですね。一冊あると何かと重宝するメモパッド、家庭やオフィスに備えておいてはいかがでしょう。

>> マルモ印刷

 

(文/&GP編集部)