脳内の「掃除細胞」の作製に成功 アルツハイマー治療に役立つ可能性

ざっくり言うと

  • 脳内の「掃除細胞」の作製に成功したと、京都薬科大などのチームが発表した
  • アルツハイマー病の原因とされる、異常たんぱく質を食べるという掃除細胞
  • 発症や進行を抑える働きがあると考えられ、治療に役立つ可能性があるという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング