ブスケツはネイマールに残るよう勧めた

写真拡大

バルセロナの選手達は内々にはネイマールにアスルグラナのロッカールームを去らないよう説得を試みている一方、公の場ではお節介を焼く事を望んでいない。

【関連記事:ネイマール 上手な現実逃避】

「もし誰か彼の将来について知る者がいなるならば、それは彼だ。」
バルセロナの2017-2018シーズンのデビュー戦となるユベントス戦の前日記者会見でネイマールの去就について尋ねられたセルヒオ・ブスケツはそのように答えた。

「私が彼に何かを言う必要はない。彼は自分がどこにいて、どのように過ごしているか、そしてここ以上に良いところはどこにもないという事を知っている。彼がここで何年もプレーを続けてくれる事を願っている」
チームのキャプテンの1人を担うブスケツはそう主張した。

またプレシーズンの試合に関して、ブスケツはユベントスなどの素晴らしいチームとの対戦でシーズンを始められる事を歓迎した。